ノルマを達成できなければ月10万…セクハラ・パワハラが絶えない大手生命保険会社

 
学生時代の就職活動で「人と深い話をして信頼関係を築ける仕事に就きたい」と思い大手生命保険会社の法人営業職に新卒入社しました。
 
しかしそこは、面接では一切見せなかったようなパワハラやセクハラに満ちたブラック企業でした…。
 
 

●ノルマを達成できなければ人としてみなされない

営業は結果が全て。契約を沢山取れば月収100万以上も夢ではありませんが、ノルマを達成できなければ手取り金で月10万ほどしかもらえません。更に営業活動費(お客様への電話代、営業先への交通費、お客様にプレゼントする会社の粗品等)は自腹を切らなくてはならないので、実質的な給料は月7万ほどになります。月7万では当然生活することができませんでしたので、借金をする人もいました。
私は仕事が出来なくノルマ達成も出来ない事もあったので、減給される上に会社での居場所も無くしていきました。
仕事が出来ないので先輩社員にノウハウを聞いても「教えてもお前はどうせ出来ないんだから時間の無駄」「自分で考えろ」といわれるだけで何も教えてもらえませんでした。
とあるノルマを達成できなかった月には、先輩社員から突然「死ね」と書かれたメールが送られてきました。どうやら他の先輩社員へのメールを私に誤送してしまったようなのですが、その直後に軽い口調で誤られるだけでした。それどころか、ノルマを達成できなかった私を責めて「もとはと言えばお前がノルマ達成できてさえいればこういうメールを送る事もなかった。自分は何も悪くない。お前のせいだ」と言われました。
その日から、私はすべての上司や先輩社員に無視され、怒られる事でしか話しかけられませんでした。
毎日のように罵声を浴びせられ続けるのが一年半以上の続き、私の成績もどんどん悪くなり、悪循環が続きました。
その結果、私だけ会社の資料を配布してもらえない、会社の飲み会に誘われない、目の前で陰口を言われる、トイレに入っていたら電気を消される等の陰湿ないじめにも遭いました。
終いには、上司に「お前は俺のストレス発散要因だ。何か腹が立つことがあればお前に適当な理由を付けて怒ればすっきりする」とまで言われてしまい、毎日上司のサンドバック状態にされてしまいました。

仕事が出来なくなると、営業先のお客様にもセクハラを受ける事になります。「仕事できてないんでしょ?俺と一晩相手してくれれば契約してあげる」と言われたり、体を触られる事は日常茶飯事でした。歩けなくなるほどにお酒を飲まされて、ホテルに連れ込まれかけたこともあります。その時は何とか回避しましたが、あの時の恐怖は今でもトラウマです。その恐怖感もあってか私はいわゆる「枕営業」をした事はありませんが、同期や先輩社員は枕営業している人もいたため、「仕事が出来なければ枕営業してでも契約を取る」というのが暗黙の了解のようでした。私はそこまでして契約する仕事は耐えられませんでした。こんなことをしなければいけないのなら、と思い辞める決心をしました。
仕事が出来ない私も悪いのですが、それを抜きにしても劣悪環境の会社で、仕事の出来ない人間は簡単に切って捨てるような、最低な職場でした。
 
 

●安定して給料をもらえる事を優先条件にして転職活動

生命保険会社を辞めた後は、心身ともにぼろぼろになってしまったので休養を取りつつ転職活動をしていました。
とにかく営業は絶対したくなかったので、給料が大きく変動しない仕事を選び、最終的に工業会社の事務職に就きました。
古い会社で多少人間関係に苦労をしたものの、ちゃんと給料をもらえるし、パワハラやセクハラに悩まされる事もあまりありませんでした。
転職先は結婚を機に退職してしまいましたが、ちゃんとした職場に就けて良かったと感じています。
ですが、学生の時の安易な考えで就職してしまったことは未だに後悔しています。
仕事をするに当たって何を優先すべきなのかをきちんと考えるべきでした。大手であればホワイト企業ということは一切ありません。
こういったブラック企業が一社でも改善されるのを願わずにいられません。

関連記事