周りを固めて選択肢をなくす社員の意見完全無視の会社

某アミューズメント施設でアルバイトから社員登用され5年程働いていました。
店舗社員として働いている時点で月の休みが5,6日程度でお店は年中無休のため年末年始も関係ありません。
それでも社員として働き安月給とは言っても家から近いためそれなりに働いていました。
そんなある日、急に別店舗へ異動となった時からが地獄でした。
 
 

■異動はしない約束だったのにいつの間にか決定事項に

そもそも社員登用される際に店舗の異動はしないという条件で社員になりました。
しばらくの間は問題なく今までの店舗で働く事ができたのですが、ある日出勤すると本社から異動の打診がありました。
通勤時間が一気に倍以上になってしまうためハッキリ断ったはずが、後日異動が決定したとの報告をされました。
出勤日は社員でもシフト制で月末に翌月分が出されるのですが、翌月分から既に自分の名前が消えており既に別店舗のシフトに組み込まれていました。
断ったはずなのに勝手に決定されてしまい押し切られる形になってしまいました。

仕方がないので、事前に異動先での仕事内容を確認すると店長の補佐役をしてくれとの事でした。
諦めて異動の日を迎え異動先の店舗へ出勤しました。
すると店長がいません。シフトにも名前がありません。
本社へ確認すると店長が辞めたため店長をやれと指示されました。

その後、本社の人が店舗まできて店長としての名刺作っておいたからと一言。
初めてくる店舗で経験のない店長業務を引き継ぎなしで行えという無茶振りです。
何をすればいいのかも探り探りなので当然仕事は進みません。
当然、毎日残業続きになりました。
 
 

■残業は無かった事に

無茶な仕事を押し付けられ毎日何時間も残業する形になりました。
残業するためには本社の人間に連絡して残業を行うと事前の連絡が必要なシステムになっていました。
しかし、アミューズメント施設で深夜まで営業しているため出勤時間の時点で本社の人間が退社済みという状況になってしまい事前の報告が行えませんでした。
残業すると報告ができない場合は残業を行わず定時に退社したものとして計算されてしまいます。
残業をどれだけしても事実上賃金が発生しません。

給料に関しては平社員の時とほぼ同じ額でした。
店長手当がありましたが、なんと5000円程でした。
仕事量は一気に増えて給料は5000円しか増えません。
残業代もでないためアルバイトで多く入っているスタッフともあまり差がない程度の額しかもらえませんでした。
 
 

■震災や消費税の影響もすべて店長の責任へ

やりたくもなかった店長を押し付けられたとはいえ店長をする以上は売り上げを上げなくてはいけませんでした。
そして利益率で前年~数年前までの分と比較され、利益が上がって居ない店長は本社へ呼ばれ研修を受けろと指示されます。
アミューズメント施設のため電気を多く使います。
そのため電気代が高くなると利益率は当然落ちます。
消費税の増税でも厳しくなりましたが、これらも含めて利益率が上がっていないといけないとの事でした。

当然ながら利益を上げ続けるのはとても難しい状況です。
それこそ急に店長にされて売り上げをあげるなんて無理難題です。
利益率は下がってしまい本社で研修を受ける事になりました。
この研修の日はきちんと給料は支払われました。
しかし、研修に行っている日は店長業務が全て滞ってしまいます。
その溜まった仕事は結局のところ自分がサービス残業をして消化するしかありません。
 
 

■有給もとらせてもらえない

有給を使わせてくれと何度か交渉したのですが、許可がもらえませんでした。
確かに有給自体は存在するのですが、これも残業同様に事前に本社へ申請する必要があり本社まで来て専用の用紙で提出しとろのことでした。
専用の用紙を受け取ろうにもなかなか本社へ出向くことができません。
本社へ行っても申請用紙が切れているので又今度などと躱されてしまいました。

本社までかなりの距離があるため有給を使うためには休日を使うしかなく事実上休むことができませんでした。
 
 

■店長の経験をアピールして転職へ

今のまま働くのはまずいと思い少ない休日を利用して転職活動をしました。
会社自体はブラックだったのですが、無理やり押し付けられた店長という役職が転職するうえでは有利に働きました。
すんなり次の職が決まったためブラック企業から抜け出す事に成功
基本給は同じくらいの会社ですが残業代が出るため給料はかなり良くなりました。
何でもっと早く転職しなかったのか今となっては不思議です。

関連記事