ランチも食べれず雑用ばかりの新入社員

 
 
「聞けば邪魔扱いにされる新入社員」

とにかく新人に厳しい会社でした。この会社で頑張ろうと期待を胸に入社したのに、与えられる仕事はコピーやお茶くみ、先輩の身の回りの世話等、仕事らしい仕事をさせてくれない会社でした。

入社した日から、先輩からの嫌がらせのような指示が始まりました。
何か新人ができる仕事を与えてくれるのかと自分のディスクで待機していたら、「どうしたの?座ってちゃ仕事なんてまわってこないわよ」と言われました。確かに、座ってばかりいては駄目だと思い、周りの先輩に勇気を出して聞いてみました。

すると、「何?忙しいから座ってて!邪魔でしょ」と言われてしまいました。聞く相手を間違ったのかなと思ったので、今度は違う先輩に聞いてみました。その先輩は私の方をチラっと見て、「何なの?自分で仕事を探してみたら?」と目も合わせずに言ってきます。

「お茶くみやら掃除などの雑用ばかり任される」

なんだかいじめられているようで、とても嫌な感じがしました。自分から聞くのも嫌になり、ディスクへと戻りました。もう1人、私と一緒に入社した社員がいました。その社員の方を見れば、なんと、ホウキで床を掃いていたのです。腕までシャツを捲り上げながら、必死で履いています。

その様子を見て、「何て会社なんだろう」と背筋が寒くなりました。私も何かやらないとと思い、穏やかそうな先輩に「何かやれることはないでしょうか?」と丁寧に聞きました。すると、「じゃあ、お茶くんで来て。お茶なら教えなくても入れられるでしょ。この会社はね、自分で仕事を探すの。じゃなきゃ辞めるんだね」と言われてしまいました。

そうか、自分で探すのかと分かり、できることを探しました。そんな時、1人の先輩が「お茶」と言って私に湯のみを差し出してきました。やっと任せられた仕事に胸を躍らせ、お茶を入れて差し出しました。そのお茶を一口飲んだ先輩は、「はっ?何これ、水?おちょくってんの?」その湯のみを私の顔に当てながら言ってきたのです。

周りを見れば、そんな私の姿を見てクスクス笑っています。急いでお茶を入れ直しました。今度は「お茶もろくに入れられない新入社員って使えないよね。辞めれば?」と言ってきたのです。胸はバクバク、足はガクガクと震えてしまい、頭は真っ白になってしまいました。

まだ入社1日目なのに、こんな酷い仕打ちはありません。仕事どころではなく、人間として見てくれていないような態度に涙が出そうになりました。
 
 

「ランチも食べさせてもらえない新入社員」

もう1人の新入社員は掃除を終え、今度はコピーをとっていました。昼食の時間だというのに、先輩はその子に昼食も食べさせずにコピーをやらせていたのです。やっとコピーが終わったと思ったら、今度は先輩のコートに付いた埃を取るように言われていました。

私はと言えば、先輩のランチを買って来るように言われました。その数、なんと30個です。「時間が無いから早くして」と言われ、近くの弁当屋で何度も往復しては渡します。

「冷めてるから電子レンジで温めて!」と言われたり、「コーヒー入れて、ブラックで」とか「あたしは角砂糖3個の薄めのコーヒーね」と頼んできます。

そんなことをしていたら、ランチタイムが5分ほどになってしまいました。お弁当を1口か2口食べただけでランチタイムが終わってしまいました。ランチタイムが終わると、「このお弁当のパック洗って分別しておいて」と指示してきました。

1時間もかけて洗い終えると、今度は私にハイヒールを手渡してきます。「えっ?」と愕くと、「磨いといて」と当たり前のような顔で言ってくるのです。まさか会社で靴磨きまでするとは思わず、これは屈辱を与えられているだけなんじゃないのかと疑問に思いました。

やっと勤務時間が終わると思っていたら、「みんなのディスクを拭いてね」と言い、私ともう1人の新入社員にタオルを投げてきました。「くっそお」と思いながらも、2時間かけて全てのディスクを拭きました。
 
 

「会社が嫌になり辞めた新入社員たち」

次の日、もう1人の新入社員は会社に来ませんでした。私も、次の日も次の日も同じような作業に嫌気がさし、1週間で辞めてしまいました。

今となっては、あんな会社にいたら、キャリアアップどころか人間として駄目になっていたなと思います。

関連記事