ほぼ終電間際まで残業、人も会社も全く信用できない派遣会社

 
 
毎日終電間際まで仕事。過度なサービス残業と仕事量。
 
私が新卒で入社した会社は建設業に特化した派遣会社でした。
会社で雇っている派遣社員を工事現場や事務所に派遣するため人材を建設会社に売り込む仕事でした。
最初の一週間は新卒だからと早く帰してくれましたが本格的に営業の仕事が始まるといつも終電間際、早くても22時や23時まで残っていました。残業代は給料に含まれており、いわゆるサービス残業です。
原因は毎日のノルマと長ったらしい日報報告でした。毎日テレアポ3件と名刺10枚を入手しなければいけません。取れなかったら次の日のノルマに足されます。新卒で右も左もわからず、ロクな研修もなかったためノルマは日々溜まるばかり・・・。ひどい日は名刺10枚集まるまで会社に帰ってくるなと言われ21時くらいまで工事現場や建設会社を回っていたこともあります。
また毎日の日報報告がやたらと長いのです。ひとりひとり報告して上司や同僚に指摘され続けます。特に上司からだらだらと長く注意されひとり30分以上時間を取られることも。
無駄な時間と過度な仕事量で体も心もボロボロな毎日でした。
 
 

聞いていない休日出勤。休日出勤は給料に含まれず。

その会社の説明会に行った際、休みは完全週休二日制と聞いていました。
上司も休日は自分の好きなことをしたりしっかり体を休めるんだよ、と入社したての頃は言ってくれました。
しかし上司がたまに休日に出勤していることがありました。
派遣社員の面接が土日に入ることがあるというのです。そんなこと聞いてないし、しかも休日の出勤は平日に面接を組めなかった自分が悪いということで残業代などはでません。
また入社して約半年、会社が毎月第一土曜日に営業報告会というのを開催すると言い出し、本社まで強制的に行かなくてはならなくなりました。もちろんその報告会の残業代などもゼロ。貴重な休みがどんどん潰れて行きました。
私はこの営業報告会というものが開催されると聞いた時、転職しようと強く心に誓いました。
 
 

尊敬できる上司が一人もいない・・・おサボり上司や嘘つき上司

ブラック企業は会社自体だけではなくその会社にいる人もブラックなことが多いようです。
最初の一ヶ月はブラザー制度といって新卒一人に上司が一人つきっきりで色々なことを教えてくれるという制度がありました。(実際営業活動は一人でしたが)たまに同行をしてくれましたが、上司が何も指示や指導をくれないんです。飛び込み営業をする際も「外で待っているから」などとついてきてくれません。ある日は「ちょっと一回家に戻るから営業してて」と一人にされたこともありました。
また私が働いていた支店の支店長は時々嘘をついたり全然信用ならない人物でした。ノー残業デーを毎月の水曜に作るといいつつ結局早く帰れる日はなかったし、ころころということが変わる支店長でした。仕事を全部投げ出して辞めてしまう上司や自分のことを棚に上げて新卒を攻め立てる上司など尊敬できたり目標にできる上司が全くおらず逆に私たち新卒まで上手なサボり方や嘘を身につけていくようになっていました。
 
 

このようなブラック企業に勤めて身についたこと

このようなブラック企業に新卒として勤め、体も心もボロボロ(実際に私は盲腸になり約2週間入院したことがあります。)になりましたが身についたこともあります。それは度胸もですがやはり会社を選ぶ基準、転職活動をする際の面談での質問事項なども慎重に、深く聞けるようになりました。こんなに酷い会社で働いたんだから次の仕事は絶対うまくやってやる!と自身にもつながりました。その点ではこの会社に勤めてよかったかな、と思っております。
今は別企業で事務として働いています。事務といえども中々な激務で残業もありますが残業代もしっかり出ますし、毎週水曜はノー残業デーです。また営業を経験したので営業の新卒にもアドバイスが少しはできています。給料も以前よりアップし、とても充実した日々を過ごしております。

関連記事