ディップの年収はどれくらい?バイトルでおなじみの企業の転職情報

dip

 

ディップはバイト探し求人サイト「バイトル」や派遣のお仕事探しの情報サイト「はたらこねっと」でおなじみの企業です。

人と仕事を結ぶ日本最大級の求人情報サイトを運営するディップの年収や転職情報をチェックしてみましょう。
 
 

■ディップの年収、ズバリいくら!?

まずはディップが好評している平均年収からチェックしてみましょう。こちらは有価証券報告書から確認出来ます。これによると公表平均年収は457万円(平均年齢:30.3歳)となっています。同業の平均は532万円(平均年齢:37.4歳)となっているので、年収は業界平均よりも低く、年齢もまた業界平均より低いことが分かります。特に年齢に関しては業界平均よりもかなり低いことが分かります。その結果、年収も低めになっているのではないかと予想されます。

ちなみに、ここでの同業の平均年収についてはおもに上場企業のものを参考にしているため、年収水準の高い企業群との比較となっています。中小企業なども含めた平均と比較してみると、それなりの高水準な年収であることを覚えておいてください。
 
 

■ディップのサービスをチェックしてみよう

ディップの転職情報をチェックする前に、大まかなサービス内容から確認してみましょう。ディップの柱となっているのはバイト情報サイト「バイトル」です。

日本最大級のアルバイト情報サイトとなっていて、スマートフォンアプリにも対応しています。いつでもどこでもすぐにバイト情報をチェックすることができ、バイトル内からエントリーできるのでバイトを探している方にとってとても強力なツールとして活用されています。

また、派遣社員という働き方を選ぶ人たちから特に支持されているのがディップの「はたらこねっと」です。さらに、女性のための求人情報サイト「はたらこINDEX」や、看護師のための転職・求人サイト「ナースではたこ」も好評です。

手広く事業を展開してはいますが、サービスの基本となっているのは「人と仕事を結ぶ求人情報サイト」であることです。特に比較的最近サービスを開始した「ナースではたらこ」は巨大なマーケティング市場である医療分野に一歩踏み込んだ求人サービスとして注目を集めています。
 
 

■ディップが求める人材

次に、ディップへの転職を考えた場合、どのような職種があるのか、どういった人材を求めているのかについて確認していきます。

まず「WEBディレクター」が挙げられます。こちらは、バイトル、はたらこねっとと、ディップが運営している求人情報サイトの開発本部メディアプロデューサーとして迎えられることになります。当然、WEBディレクターですのでWEBに関する十分な知識はもちろん、マネジメント能力も問われるので十分な実績も必要不可欠です。

次に、企画営業職が挙げられます。バイトルなどに掲載したい、という企業を発掘して営業をかける仕事になります。また、営業だけで終わるのではなく、どのような企画を立てていくのか、どうすれば魅力的なページが作れるのかなどトータルな能力が問われます。

その他には各種エンジニア、広告作成なども募集されています。

ディップが求める人材像についてですが、こちらは「自分たちのサービスを作りたい」という向上心のある方を求めています。基本的に全てのサービスがITを活用した内容となっているので、優れたスキルを持つ人材は必須。これだけでなく、管理職候補として経験を積み、成長できる人材を求めています。自らのアイディアを出し、積極的に仕事に取り組んでいきたい、そしてビジネス環境の変化が大きいIT業界で素早く対応できる柔軟な姿勢・思考の持ち主が適しているといえそうです。
 
 

■ディップの今後の展望は?

ディップの業績をみてみると、かなり順調に伸びていることが見てとれます。これは公式ホームページのIR情報からすぐにチェックできるでしょう。売り上げ高はもちろん、経営利益に関しては2014年に大幅にアップ。中でも伸び頭として「ナースではたらこ」に注目が集まっています。こちらは先述した通り大型市場である医療業界での人材サービスをいち早く展開出来たことが大きな要因だと考えられます。

現状としては人材サービスを主軸に順調な利益をあげており、今後もこの流れは続くのではないかと予想されます。当面はディップの提供しているサービスのより強いブランド化を目指す方向性を取っているようで、堅調な推移も予想されます。一方で、ナースではたらこを始めとした新サービスが順調に推移していることを考えると、次の事業展開もすでに準備が進められているものと考えられるので、それらの動向が気になるところです。
 
 

■総評・まとめ

いかがだったでしょうか。ディップが提供しているバイトルやはたらこねっとはインターネット黎明期から展開しているサービスで、今もなお支持され続けています。日本最大級の規模を持ち、常にトップを走り続けている姿勢を見ると、柔軟な対応、そして堅実な運用が評価出来ます。それなりの給与や待遇を期待しながら、自分のやれることを精一杯できる、常に新しい技術を身につけられる。これがディップへの転職の最大の魅力だと言えるでしょう。

関連記事