リブセンスの年収っていくらくらいあるの!?最年少上場企業の実力は

 

9

 
株式会社リブセンスは「最年少上場企業」として大きな話題を集めている会社です。主なサービスとしては求人情報サイトの「ジョブセンス」。実際に利用したことがある方のいるかもしれませんね。ここではリブセンスの年収、転職情報などを紹介していきます。
 

■リブセンスの年収、ズバリいくら!?

リブセンスが提出した有価証券報告書から年収を算出すると、568万円(平均年齢:30.5歳)となっています。同じサービス業の平均は532万円(平均年齢:37.4歳)となっているので、年収は平均よりも高く、年齢は平均よりも低いことが分かります。社長自らがかなり若い方なので、平均年齢が低いのも納得。若い力で盛り上げている会社だといえそうです。
 

■リブセンスの職種は?

リブセンスが現在募集している職種は、エンジニア、インフラエンジニア、事業企画、WEBマーケティング、カスタマーサポートなどがあります。

やはりメインとなってくるのはエンジニアだと言えるでしょう。

また、当然ながら部長や課長、マネージャーといった役職者になると収入がアップする傾向にあります。ですので、最終的にはこれらの役職を目指してスキルアップ、コミュニケーション能力を磨き上げていくことが年収アップに繋がるといえそうです。
 

■リブセンスはエンジニアを大事にする?

リブセンスが一気に急成長した理由のひとつはエンジニアを重要視した、新しいビジネスモデルにあります。

これまでの広告・求人情報サイトは紙媒体で、限られたスペースの中に情報を詰め込まなくてはなりませんでした。その結果、お金のある企業くらいしか利用出来ない傾向にあり、小さな企業や飲食店などは思うように人材が集まらないことが悩みでした。

リブセンスは当時かなり斬新だった「成功報酬型」を採用。つまり、求人が成立して初めて支払いが発生する、という仕組みです。企業にとっては掛け捨てリスクなしで気軽に掲載できる、その結果求人情報が多く集まり、コンテンツがかなり充実する。仕事を探しているユーザーにとっては簡単に希望する仕事が見つけられる環境にあるのでユーザーがどんどん増える。さらには祝い金制度を用意することでユーザー増加の加速を促す…という戦略を取っています。その結果、リブセンスを利用する全ての人にとって利益のあるモデルを形成出来たというわけです。

その背景には「エンジニアの力」が大きいとされています。というのも、リブセンス立ち上げ当初は営業の人材をほとんどおらず、大半がエンジニアで構成されていました。これは成功報酬型という企業にとってリスクの少ないモデルを採用しているため、わざわざ営業をかけるまでもなくどんどん集まるだろう、という思惑があったのでしょう。

このエンジニアを大切にする流れは現在も大きく変わってはいません。エンジニアとして活躍したい方にとってはなかなか理想的な企業だといえそうです。
 

■リブセンスの今後の展望は?

現在リブセンスが運営している事業は以下の通り。

アルバイト求人情報サイト:ジョブセンス
転職求人サイト:ジョブセンスリンク
派遣社員求人サイト:ジョブセンス派遣
賃貸不動産情報検索サイト:door賃貸
転職口コミ情報サイト:転職会議
ビジネス比較・発注サイト:imitsu(アイミツ)

上4つに関してはいずれも成功報酬型モデルを採用しています。いずれも利益は順調に上がり続けていて、特にリブセンス立ち上げ当初から2013年にかけては急成長し続けています。

しかし、2014年にリブセンスの株価が大きく下がってしまう事態となりました。これには様々な要素が考えられるのですが、最も大きい原因としてはSEOが上手く機能しなくなったのではないかと言われています。

もともとリブセンスはエンジニア集団で、SEOに関する技術がすさまじいことが急成長の要素のひとつだったのですが、Googleの検索エンジンの仕組みは何年かに一度大幅に改編されます。その影響を受けてしまい、上手く検索されなくなってしまったのがそのまま株価に直結してしまったと言うわけです。

現状としては、以前とほぼ同様のレベルまでSEOが戻っていますし、売上利益、純利益に関してはきっちりとプラスになっているのでそこまで問題ではない、という意見もあります。

いずれにせよ2013年まで順調に成長し続けていたリブセンスにとって2014年以降は試練の年になりそう。

2014年から始めた新しいビジネスモデルである「imitsu(アイミツ)」はBtoBモデルのサイトです。株式会社ユニラボと業務提携。最近ではこのBtoBのビジネスモデルが増えつつあるため、この波に乗って上手く機能させられれば「求人広告」以外のもうひとつの柱が手に入ることになるので、動向をチェックしたいところです。
 

■総評・まとめ

リブセンスは若い人たちがたくさん集まる会社です。そのため、新しいことにどんどんチャレンジしていく姿勢や、最新の技術を駆使してベストなサービスを提供する能力が求められます。年収については平均よりも高いですし、今後はBtoB、出資、事業提携、M&A、さらにはスマートフォン関連にも力を入れていくとアナウンスされているので、自分の実力を試したい、もっと高みを目指していきたい、という方にとってやり応えのある会社ではないでしょうか。

関連記事