トランスコスモスの年収は?転職情報と将来への展望もあわせてチェック

torannsukosumosu

トランスコスモスは企業相手のビジネス・プロセス・アウトソーシングサービスを行っています。

いわゆるBPO企業です。ここではトランスコスモスの年収や転職情報などを紹介していきます。
 
 

■トランスコスモスの年収、ズバリいくら!?

トランスコスモスが有価証券報告書で公表している年収をチェックしてみましょう。こちらは、上場企業が金融商品取引法によって金融庁に対して提出しなくてはならない開示資料のこと。虚偽記載ができないものなので、かなり信憑性の高い情報だといえます。これによると、トランスコスモスの公表平均年収は447万円(平均年齢:35.3歳)となっています。

同業種の平均年収をチェックしてみると、532万円(平均年齢:37.4歳)となっているので、年収は業界平均よりも低く、年齢もまた業界平均よりも低いことが分かります。
 
 

■トランスコスモスってどんなサービスを提供しているの?

消費者一般に取っ手はあまり馴染みがないトランスコスモス。しかし、各企業のBPOを引き受ける大企業のひとつとして活躍しています。トランスコスモスの主なサービスとして次のようなものが挙げられます。
 

コンタクトセンターサービス

顧客からの問い合わせや苦情への対応、商品サービスの案内から営業セールスの支援に至るまで「顧客サポート」に関するアウトソーシングです。例えば、コールセンターが挙げられます。特定の商品を大々的に打ち出したい。しかし熟練したコールセンターを早急に設置するのは難しい。そんな時にトランスコスモスがサービスとして提供できる、といった具合でしょうか。
 

ビジネスプロセスアウトソーシング

経理財務、人事、といったいわゆるバックオフィス業務から、システム運用保守業務、機械建設設計の業務といったアウトソーシングサービス。これらのほかにも、アプリケーション開発と運用、インフラの構築と運用、サポートデスクの設置など幅広く対応出来ます。豊富な運用実績を持っているからこそ、運用コストを削減しながら最大限のパフォーマンスが発揮できると評判です。
 

デジタルマーケティングサービス

インターネットインフラを活用したマーケティング活動の支援を行います。例えば、ネットを通じてプロモーションを行ったり、WEBサイトを構築・運営したり、さらにはネットショッピング…いわゆるEC事業の支援も行っています。
 
 

■トランスコスモスはどんな人材を求めている?

ここではトランスコスモスも求人情報や、求める人物像について紹介していきます。まずは職種から。
 

営業、コンサルティング

新規顧客の開拓から、課題発掘、コンサルティング、プロモーションの企画提案まで担当することになります。様々な広告ツールをどのように活用していくのがベストなのかを企画提案する柔軟な対応力が求められます。
 

Web関係

Webデザイナーやwebディレクター、Webプロジェクトマネージャーといったインターネットサービスを最大限に活用できる人材を求めています。トランスコスモスはインターネットによる効果的なプロモーションも得意とする企業ですので、これらの人材は必要不可欠です。特に、Web関係はマルチデバイス対応型のwebサイトの戦略や、構築から運用、検証に至るまでワンストップで支援できることが魅力のひとつ。これに対応できるスキルと実績が必要不可欠です。
 

エンジニア

トランスコスモスの柱のひとつとしてインフラ構築や運用などがあります。そのためエンジニアの活躍が必要不可欠。Web系/業務系/CRM系のシステム開発に携わることになり、まずは自分の得意分野で実績を残し、後々はマネジメントの分野に進出していく、というキャリアプランが提示されています。

これらの他にも、サポートデスク、コールセンター、海外事業など様々な職種が用意されています。自分が得意、活躍できる分野をチェックしてみましょう。
 
 

■トランスコスモスの今後の展望は?

トランスコスモスの現在までの財務・業績をみてみると、非常に順調な推移を見せていることが分かります。2010年以降右肩上がりに成長し続けており、BPO企業としての優秀さがうかがえます。

国内では全国各地に事業所を展開し、様々な活動を繰り広げています。例えば、2014年4月には動画広告効果分析サービス「t-eams for VideoAnalytics」の提供を開始したり、ECに必要不可欠なシステムを全て統合している新しいプラットフォーム「transcosmos eCommerce HUB」を提供するなど、今後ますますニーズが高まっていくことが予想されます。

また国内だけに限らず、海外への事業展開も積極的です。特にアジア地域を中心に展開中。2014年にはシンガポール、ベトナム、タイ、中国、マレーシアといったアジア圏内の主要国に資本提携を行ったり、BPOサービス会社を設立しています。
 
 

■総評・まとめ

トランスコスモスは世界を見据えたグローバルな活躍を見せるBPOサービス会社として認知されています。今後はもっと需要が高まると考えられ、ますます堅調な動きを見せるのではないでしょうか。特に海外進出も上手くいっている、という点を考えると将来性も十分。

ただし、働いているスタッフからすると「実力主義」な側面が強く見られる、という声も耳にします。しかし、それは裏返すと頑張ればそれが認められる会社だということでもあります。自分の実力を試したい、最新の技術を身につけながらもっと高めていきたい、ゆくゆくはグローバルな活躍も視野に入れている。そんな方にとってやりがいのある会社だと言えるでしょう。

関連記事