ワークスアプリケーションズの年収や待遇は?きがいのある会社ランキング第1位の秘訣とは!?

 

12

 

ワークスアプリケーションズは企業向けのアプリケーションや、ECサイト向けのアプリケーションなどをリリースしているサービス業です。ここではワークスアプリケーションズの年収や、転職情報などを確認していきます。
 

■ワークスアプリケーションズの年収、ズバリいくら!?

有価証券報告書によるワークスアプリケーションズが好評している平均年収をチェックしてみましょう。公表平均年収は593万円(平均年齢:28.8歳)となっており、同業者の平均と比較するとかなり高いです。ちなみに、同業の平均は532万円(平均年齢:37.4歳)。年収が高いだけでなく、平均年齢がかなり若いのも特徴のひとつだといえそうです。
 

■働きがいのある会社ランキング第1位!

ワークスアプリケーションズはGreat Place to WorkR Institute Japanが実施する「働きがいのある会社2010年度調査」で第1位を獲得した実績を持っています。また、2015年度の調査ではアジア8か国900社以上の中から「ベストカンパニー賞」を受賞するなど、内外部からの高い評価がうかがえます。

ちなみに、この働きがいについてですが、基本的には従業員アンケート、そして、提出した統計データや社内データを基に算出されています。つまり、ワークスアプリケーションズで働いている人たちは働く事にやりがいを感じていて、外部の人間から見てもそれが伺い知れる、というわけです。

どうしてこのような優れた会社として認められているのか、というと「産学官連携プロジェクト」に基づいた取り組みを実践しているからです。社員のモチベーションが高まる給与体系、研修制度の重要性、離職率を下げるための取り組み、女性が活躍するためにどのようなことができるかなど幅広い視点から従業員のことを考えています。
 

■どんなサービスがある?

ワークスアプリケーションズが提供しているサービスは、知っている方は誰もが知っている内容ですが、一般消費者からするとあまり馴染みのないものが多いです。そこで、簡単にワークスアプリケーションズのサービスをチェックしてみましょう。

会計シリーズ

財務会計、管理会計、債権・債務管理、資金管理、資産管理、不動産管理と様々な会計に関するシステムになります。

サプライチェーンマネジメントシリーズ

調達管理や販売管理、原価管理など、企業や会社にとって欠かすことの出来ない管理に関するシステムです。

人事シリーズ

人事管理や給与の計算、さらには申請・情報公開、プロジェクト管理、研修や教育管理といったシステムです。

eコマースシリーズ

比較的一般消費者にとって身近に感じられるのがeコマースシリーズではないでしょうか。ネットショッピングを立ち上げる、運営する側にとって使い勝手の良いシステムとなります。例えば、アパレル、化粧品、デジタルコンテンツと目的に合わせたeコマースシリーズが用意されているのが特徴です。

 

■ワークスアプリケーションズの採用情報

ワークスアプリケーションズは新卒採用から中途採用まで採用に力を入れています。

中途採用だけでも「IT Express」「Global Express」「通年採用」という3つの採用コースが用意されていて、転職希望者一人ひとりのポテンシャルを最大限に引き出すためのプログラムが適用される形になります。IT Expressなら業界未経験の方でもトップクラスのエンジニアになるための特別研修プログラムに参加する、という流れ。

職種は「エンジニア」「企画営業・マーケティング」「管理系」が募集対象となっています。やはり、システムやアプリケーションを開発する会社なので、エンジニアの比重が高いように感じられます。

ワークスアプリケーションズで働く以上は、国内だけにとどまらず、海外にも通用するトップエンジニアになることが求められるため、年収はかなり高め。前述した通り平均年収を見ると他社よりも圧倒的に高く設定されていることが分かります。

もちろん、業界未経験の方がいきなりトップエンジニアになるのは厳しいでしょう。しかし、それを支援するだけの充実した研修や、頑張りたいと思える魅力的な会社(給与や待遇も含めて)であることを考えると、転職先候補のひとつとして考えてみたいものです。
 

■総評・まとめ

IT業界はちょっとしたことで急成長したり、爆発的な人気が集まるのでどうしても不安定な印象を抱いている方もいるかもしれません。そんな中、IT業界トップを走るワークスアプリケーションズは「人を大事にする会社」として認知されています。結局のところ、IT技術は模倣しようと思えば簡単にできる世界ではあります。つまり、技術はもちろんですが、それを取り扱う優秀な人材の囲い込みが大事だということをワークスアプリケーションズはしっかりとアピールしているわけです。そう考えると、寿命が短いと言われているエンジニアが長く、第一線級で活躍し続けたい、それでいて十分な給与・待遇が欲しい、と考えるなら検討したい会社であることに間違いは無いでしょう。

関連記事