美容業界の転職で内定率を上げる方法とは?

美容業界で働くために必要な資格や知識についてご紹介しています。

 

女性の憧れの職業として、美容業界での仕事が挙げられます。

美容業界といっても多種多様な仕事があり、脱毛エステ、痩身エステ、ネイル、リラクゼーション、化粧品販売などいろいろなものが存在します。
募集要項を見ても、「未経験者OK」としているケースも多く、比較的、転職への敷居は低いといえるでしょう。
とはいえ、やはり経験者や資格所有者が優先されるのも事実。未経験者の場合は、どういった知識を得ることで美容業界に転職できるのか、みていきましょう。

 
 

エステティシャンになるには

 
美容業界といって直ぐに思い浮かぶのが、エステティシャンの仕事。
ボディケアや脱毛、痩身ダイエットなどもエステティシャンの仕事といえるでしょう。
これらの仕事に就きたいと思った場合、最初に気になるのが資格。お客さんの体に触れる機会も多いため、「何か特別な技術や資格がないとなれないのでは?」と思っている方も少なくありません。
 
しかし、エステティシャンになるのに、必要な資格というのは特にありません。
だいたいの場合が、そのサロンに勤めてから研修を経て、技術を学び、実践の場を経験するというスタイルが主となっています。つまり、美容学校や専門学校の卒業が必須というわけでもなく、資格を得る必要はないということなので、どなたでもチャンスがある仕事といえるでしょう。
ただし、年齢的に20代、30代が中心の現場なので、年齢を重ねるごとに転職が難しい職場でもあります。

 
 

化粧品販売になるには

 
化粧品販売(美容部員)になるのに必要な資格というのは、特にありません。
大卒等の学歴を重視するものでもないので、面接時の対応や意気込みが大事な要素となります。
必要なスキルは店頭販売でのコミニュケーション能力やトーク力です。
また、商品に対しての深い知識が必要となりますから、どこかのメーカーの販売員になる場合、そのメーカーの商品について日頃から勉強したり、知識を深めておく必要があります。
 
また肌の状態によって効果が人それぞれですから、単純に化粧品の効果だけでなく、肌の性質や状態というものを理解しておく必要があります。
そして、化粧品販売員といっても単純にコスメだけを取り扱っている職場もあれば、シャンプーやボディーソープ、クリームなど多種多様なものを扱っている場合もあります。
その場合は、より広い範囲の知識を要する必要が出てくるでしょう。
 
 

実は資格はそこまで必要ない?

 
上記、ご紹介したようにエステティシャンや化粧品販売など、資格を必要としない職種も多く存在します、
もちろんネイリストのように技能検定試験が用意されているものも存在します。ただ、こういった資格も、「何年も学校に通わなければいけない」というものではありません。
1回限りの受験スタイルで得られる資格になっているので、そこまで難しいものではないでしょう。
年に4回程度、検定があってそこで取得すれば資格を得ることができます。
 
こういった資格を生かして転職を図っても良いですし、資格がない場合でも美容業界への転職は十分に可能です。
探し方としては、多くの求人数を誇っている転職エージェントに相談して自分の向いている仕事場を探すのがおすすめです。マイナビエージェントやリクナビエージェント、DODA、typeなどは美容業界の求人数の豊富さには定評があります。

 
 
美容業界の転職を図るなら、できるだけ若い年齢のうちに目指すのが良いでしょう。
職業柄どうしても、美に対して高い意識を感じさせてくれるスタッフに対応してもらいたいというのが女性の心理です。
異業種からの転職も多い職種ですので、検討してみるのも良いのではないでしょうか。

関連記事