コンサルタントの経験を生かした転職方法とは

 

自分のスキルや資格を生かしたコンサルタントの仕事を見つける最適な方法とは?

 
コンサルタントといっても非常に幅広い分野を意味しますね。
弁護士や税理士資格を持っている人、医療関係の保健師や臨床心理士、管理栄養士などもコンサルタントといえるでしょう。
 
こういった仕事に就くとき、「思ったような求人が見つからない・・・。」なんてこともよくあるのではないでしょうか。
特に専門的なコンサルティングの仕事となると、その数も少なくなりがち・・・。
ここではそれぞれの分野に特化した最適な転職エージェントをご紹介しましょう。
 
 

国家資格を生かしたコンサルタントの仕事なら!

 
公認会計士や弁護士、税理士、行政書士などの資格を持っている方は、それだけ大企業のコンサルティング依頼を受けられる可能性もあります。
財務関連のコンサルティングは今も重宝されていますから、求人数自体は相変わらずあるといえるでしょう。
 
しかし、収入面や職場環境などで、「いまいち満足できる仕事先が見つからない」という意見も聞かれます。
そんな時は、一流企業や上場企業との長年の実績があり、多くの内定をもらっているリクルートエージェントがおすすめです。
 
とにかく、コンサルティング関連の案件が多く、公開求人だけでも3000件以上!
非公開を含めれば数十万件にも及ぶ求人数が見込め、転職の際には、ぜひとも押さえておきたいサービスです。
 
 

同業者に相談できる強み!

 
コンサルティング会社は大体が複数名でグループを組み、コンサルティング依頼された案件について精査・検証・分析を行い、プレゼンテーションするのが一般的な流れです。
ただ、それゆえにグループの協調性や能力の有無が非常に左右される仕事でもあります。
 
役割分担が明白になっておらず、情報整理や構成などの負担が自分にかかってしまい、作業に見合った報酬が得られないなんていうこともよくあります。
実際、コンサルティング会社で働いている人は非常に退職率が高く、一般的な企業に比べて勤務年数が短いと言われています。
 
それゆえに転職活動を行っているコンサルティングの方も非常に多いのです。
リクルートエージェントでは、コンサルティング向けの転職案件が非常に多いため、コンサルティング専任のアドバイザーも存在います。
 
いわば同業者ともいえるエージェントとの会話で悩みを相談し、自分に合った仕事を探してくれるというメリットがあります。

 
 

どんなコンサルティングの案件がある?

 
具体的にリクルートエージェントで紹介しているコンサルティングの仕事について、いくつか代表的なものをご紹介しましょう。
 

・財務経営コンサルティング

主に企業のブランディングやマーケティングに関する情報を集め、精査し、問題点は払い出して今後の改善策や対策案を提供する業務。
 

・人事経営コンサルティング

人事関連に特化したコンサルティングで企業の人材育成や適性を分析し、企業の成長にあった人材を育てる業務。場合によっては福利厚生の計画やセミナーなどを実施し、企業体制の見直しを促すケースも。

 
特に求人数が多い2つの仕事についてご紹介しました。やはりマーケティング関連のコンサルティングが多くなっているといえるでしょう。

 
 
求人数が多く、自分の資格や経験が活かせる転職先を見つけるには、コンサルティングに強い転職サイトを利用する必要があります。
だいたいの転職サイトでは、7割から8割がた非公開求人としています。逆に言い換えれば公開求人の数で、おおよその非公開求人数も想定することができます。
 
コンサルティング関連の職種だけで、すでに数千にも及ぶ案件を公開しているリクルートエージェントなら技術系、財務系、人事系など自分の経験を生かした仕事を見つけることができるでしょう。
リサーチャーにとどまらず、シニアアナリストとしての経験があれば、より一層の転職先を見つけることができるはずです。

関連記事