不動産業への転職は可能か?不可能か?

転職するのに、不動産業を候補に入れている方必見!その実態と転職事情に迫ります。

 

転職を考えている人の中で、不動産業界への転職を考えている方もいるでしょう。
不動産業界といえば、安定した収入というよりも個人の能力によって毎月の収入が大きく差が出ると言われています。
 
その要因として挙げられるのは、固定収入ではなく歩合制を取り入れているケースが多いためです。
もちろん毎月のある程度の固定収入はありますが、それだけでは20万円を下るケースも多く、そこからプラスアルファとして報酬を得るには、自分で新規契約を獲得するために足を使って、行動を起こさなければいけません。
仕事内容はもちろん企業によって異なりますが、主に体力と根気の要る仕事といえます。

 
 

不動産業界の仕事内容とは

 
不動産業界の中でも多くの求人募集があるのは、不動産仲介業の営業職。
個人を相手としたマンションや住宅の物件の紹介や勧誘です。また、個人以外でも企業のマンションやビル、建物の施工などに関わるプロジェクトに携わるケースもあります。
しかし、そういったものは個人ではなく、グループ単位で動くのが基本となっています。

一般的な営業職と比べ、常時、提携先の企業を訪問するといったスタイルではなく、新規開拓を必要とするため、毎日新たな取引先とのやりとりが中心です。
物件の調査をして価格相場を調べたり、家を買いたいと思っているお客さんに対して広告や宣伝を行うといった業務が必要となってきます。
その宣伝活動のために自分で広告やチラシを作って手撒きするケースもあります。

 
 

どんな人が向いている?

 
不動産業の経験があるに越したことはありません。
訪問販売、電話応対、クレーム処理、契約書作成、物件情報の収集、顧客情報リスト作成などの経験があれば、それを生かすことができるでしょう。
 
一方、不動産業の経験がない場合でも、営業職の経験があれば、それを生かすことが可能です。不動産業の営業は弱肉強食の世界。売上をバンバン上げられる人が報酬が良く、成果が無い人はやめてしまう世界です。
 
コミニケーション能力に優れ、情報収集をして、成約に結びつける能力がある人材が求められています。

 
 

不動産業で働くには

 
不動産業を、すでに経験されている方が同業他社に転職する場合、精神的にゆとりのある場所を望んでいるケースが多くなっています。
その要因として、毎月のノルマが決まっている企業が多く、それによって精神的に追い込まれて辞めてしまう人が多いからです。
 
多少収入が低くても上司からの重圧が少なく、安心して業務に打ち込める環境が良いと考えている人も少なくありません。
また、30代後半から40代になってくると、体力低下に伴い、新規開拓のために足を使った行動力に自信が持てなくなる方がいます。
 
そういった方は、新規契約を主とする営業職の不動産業ではなく、アパートやマンションの仲介業者として物件を紹介する仕事が人気を集めています。
そういった仕事では、取り立てて高い給料が見込めるわけではありませんが、賃貸物件を紹介する方が安定的な仕事量も見込め、充実した仕事ができるという声も聞かれます。
 
不動産業へのチャレンジを考えている方は転職エージェントが在籍していて、不動産業に詳しいリクナビエージェントやマイナビエージェントなどを利用するのが良いでしょう。

 
 
不動産業というと、ちょっとお堅いイメージもありますが、その仕事内容の大半が営業職といっても過言ではありません。
 
大きく分けると、
 

・仕事内容がすでに決まっている賃貸や不動産の案内の仕事

・朝から晩まで自分でスケジュールを立てて営業活動を行う仕事

 
この2つをメインとして不動産業の仕事が存在します。
自分に合った職場を転職エージェントに相談して考えてみるのも良いかもしれませんね。

関連記事