離職率が低い外食産業で働く方法とは!

 

離確率が高いと言われる外食業界。果たして離職率が低い転職先はあるのか?

 

外食産業というと、マイナスイメージを持っている人が多いかもしれません。

・とにかく残業が多くハード

・休日がほとんどない

・就業時間が長く、それに見合った報酬も確保されていない

こういった意見が多くあり、あまり良い評判を聞きませんね。
実際に他の職種に比べて外食業界は離職率が高いと言われていて、3年以内に退職してしまう人も多くなっています。

そんな中、従業員の育成に力を入れて、離職率を低くしている外食企業も増えてきています。ここではより快適に働くことができる外食業界の転職についてご紹介していきます。

 
 

外食業界の実態について

 
外食業界といえば、常に人手不足で従業員を募集している印象がありますね。過去に大手・牛丼チェーン店のすき家が人手不足によって、営業できない店舗が続発するなどのニュースがありました。
 
従業員の中でも正社員の数を減らし、パートやアルバイトに頼っている企業も数多くあります。
外食産業では非常に離職率が高く、3年以内に退職してしまう人の割合は50%近い数値となっています。つまり2人に1人は3年以内に辞めてしまうという計算に・・・。
 
これでは人材を確保するのも大変ですね。
こういった理由はやはり、「重労働にもかかわらず報酬が見合っていない」というところが大きいでしょう。

 
 

粗悪な環境だけではない?

 

しかし、外食産業は過酷な労働を行っている企業だけではもちろんありません。
大手コーヒーメーカーのスターバックス。スターバックスの3年間での離職率はわずか16%!
非常に低い離職率となっています。同じ外食産業でもこれだけ数値が違うんですね。

スターバックスがなぜこれほどまでに低い離職率を誇っているのかというと、職場環境の充実に他なりません。
スターバックスの場合、研修にたくさんの時間を割いています。その期間、なんと2ヶ月!(80時間)。
 
即戦力でバリバリ働いてもらうことを重視する外食産業の中でも、異例の対応ですね。
その理由は、自信を持ってもらう期間をしっかりと設け、失敗や挫折をできるだけ少なくしようという狙いがあります。

 
 
外食産業も体質改善の傾向に!
 
マイナスイメージを脱却すべく、外食産業も人材確保に向けて待遇面の改善や、人材育成に力を入れる企業が増えてきています。
入社後間もない社員にはチームワークを連携し、助け合える環境やシステムの構築を取り入れているところも。
 
そして、外食産業にありがちな残業代の未払、休日の少なさ、勤務時間の調整などを改善する傾向になってきています。
ただ、こういった実態は、入社前にはなかなかわからない部分があります。特に個人での転職を行う方は、求人サイトの掲載情報しか入手することができないでしょう。
それがミスマッチングを招く要因になります。
 
そこで便利なのが、転職エージェント。
転職エージェントは実際に外食産業の現場で働いていたエージェントがいたり、またエージェントが紹介している外食企業の仕事内容や体制、待遇面などを理解しているケースが多くなっています。
 
それ故に、働きやすい外食産業の企業とつながりがあるというわけです。
外食産業の案件を多く有しているところとして、ハタラクティブ、リクルートエージェント、JACリクルートメント、マイナビエージェントなどがあります。

 
 
「自力で調べて外食産業に応募し、内定をもらって働いてみたけど、思った環境と違い、実際はとても辛かった・・・。」という意見が多く聞かれるのが、外食産業の特性の一つです。
 
やはり第三者の意見を聞いて、現場の情報を具体的に知ることができる転職エージェントで相談したほうが、ミスマッチングになってしまう可能性を低減させることができるでしょう。

関連記事