医療介護関連の仕事に就くのに押さえておきたい転職エージェントとは

医療介護関連の案件が充実した転職エージェントを抑えて希望職種に就く方法をご紹介!

 
医療関連の職種で、転職を図ろうとしている方も数多くいることでしょう。
医療関連と一言で言っても多種多様な職種があり、医師、看護師、介護士、薬剤師など多数あります。アシスタント業務としてアルバイトでの仕事もありますが、常勤し医療現場で働くケースは高収入が期待できる職種でもあります。
 
人命にかかわる医療現場ということで、常に学ぶ姿勢と緊張感を持っていなければいけません。ただ、それでも毎日余裕のない生活だと精神的に参ってしまいますね。
ここでは自分に適した最適な転職先を見つける方法をご紹介しましょう。
 
 

介護の仕事の場合

 
医療系の中で非常に需要が多いのが、介護の仕事です。高齢化になっていく日本の情勢を考えれば、介護士の需要はさらに高まっていくでしょう。
介護士の働き口としては、病院や老人ホームなどがありますが、細かく分類すると、他にもたくさんの介護施設が存在します。認知症対応型の介護施設や通所介護、通所リハビリステーション、訪問入浴介護などがあります。
 
特に最近では、通所介護や通所リハビリステーションの事業所数が増えてきています。どちらも3万を加える事業所が出来てきていて、今後も増えていく可能性が非常に高いです。
 
こういった施設では医師との関与度合いが低くなり、患者さんや通院者とのコミニケーション能力や時間が大幅に必要となってきます。
 
 

看護の仕事の場合

 
そしてもう一つ、医療系の仕事で需要が多いのが、看護師の仕事。看護師は激務な労働時間ということで報酬も高く、常時高収入が見込める仕事ではありますが、肉体的負担も多く、転職者が多いのが実情です。
 
看護関連の仕事は保健師や助産師なども含めれば150万人程度の就業者数がいるということで、職業別に見ても屈指の需要を誇る職種といえるでしょう。
看護師の資格を持っている場合、病院以外にも働き口が多いのが特徴です。特定のイベント時に活動するイベントナース、旅行やツアーに同行して対応するツアーナース、会社に勤務する産業看護師、介護や福祉施設に常勤するナースなどもあります。
 
資格を生かした転職先が多いため、出産・子育てのインターバルを経てから職場復帰する方も数多くいらっしゃいます。

 
 

医療関連で転職するためには

 
上記ご紹介したように、特定の職場だけでなく、資格を生かし、色々な場所で働くことが可能な職種です。
自分が想像していなかったところや思いもしなかったところで働けるケースも!
 
例えば、「看護の現場にしばらく離れていて自信がない」という方は、簡単な問診や血圧測定など、高いスキルを要しない福祉施設などで働く事も可能。
そういった意味では、より多くの求人を検証し、自分に合ったところを見つけるべきでしょう。
 
医療関連の案件が豊富な転職エージェントとしては、リクナビエージェント、JACリクルートメント、マイナビエージェント、type、DODA、ハタラクティブなどがあります。
過去に医療現場に勤めていた転職エージェントが存在するケースがありますので、転職に際しての不安や悩みを相談できるといったメリットがあります。

 
 
医療現場で働くには、「現在自分が兼ね備えているスキルが通用するかどうか」「それに伴い自分にあった職場環境、仕事内容なのか」、などを重視する方が高いでしょう。
大学病院などの大きな施設が良い人もいれば、小さな施設で働きたいという方など様々。
そういった数多くの要望を受け入れて、多くの案件を取り揃えている転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

関連記事