官公庁で働くために転職したい!官公庁転職事情に迫る!

官公庁で働くにはどのような人材が求められているのか徹底検証!

 
安定の職業といえば、官公庁での仕事が挙げられます。
官公庁は市役所や区役所を中心とした地方公共団体を指します。他にも国の機関である各省庁や日本銀行、最高裁判所なども官公庁の一つと言えます。
ただ、一般的には、「官公庁で働きたい」と言うと、市役所や区役所などを思い浮かべる方が多いかもしれませんね。
 
官公庁で働く場合、公務員資格を取得する必要はありませんが、各省庁ごとに採用試験があり、そこで合格すると採用登録されます。
仕事内容はそこまで難しいものというわけではありませんが、厳正な審査の上、働くことのできる職場となっています。

 
 

官公庁はどんな仕事をしている?

 
官公庁で働く場合、どの職種かにもよりますが、大体の場合は事務作業が中心となっています。データ入力、オペレーター、秘書業務などが中心です。ただ、お堅い印象もありますがパートやアルバイトを雇って一時的に業務を補佐するケースもあり、その仕事内容は取り立てて難しいものというわけではありません。
 
経理やデータ集計、データ入力などWordやExcelを使いこなすことができれば、作業できるものが多くなっています。また経理などを担当される方は、日商簿記の資格が優位となるケースもあるでしょう。
一般的な民間企業に比べ、安定感があるのが魅力ですね。

 
 

官公庁に転職するには

 
官公庁で働きたい場合、どういった志望動機を用意しているのかが重要です。
単純に、「安定した仕事だから」という理由だけでは、やはり内定はもらえないでしょう。
民間企業ではなく、官公庁に働きたい理由を明確にし、地域密着型の職場で働きたいということもしっかりとアピールする必要があります。
 
官公庁の役割は、「市民の生活をより良くすること」、「市民が安心して暮らせる事」などが挙げられます。そのため、転職する際は、「地域に根ざした人のために役立つ仕事がしたい」ということを志望動機に盛り込むと良いでしょう。
もちろん、意気込みだけでなくデスクワークなどのスキルを持ち合わせているということもしっかりとアピールする必要があります。

 
 

官公庁に働くための準備とは

 
官公庁で働きたいと考えた場合、一年中求人があるわけではありません。
官公庁で働く人の入れ替わりがあるのは1月から3月。特に3月で退職する方も多いのでその期間を考えて転職活動を行うのが良いでしょう。
決して他の職業に比べて求人案件が多いというわけではありません。採用幅に限りがありますので、積極的に転職活動を行うことが不可欠となります。そのためには官公庁の求人を多くチェックする必要があります。
 
効率的な方法として、官公庁の転職を手伝っている転職エージェントに相談すると良いでしょう。
転職エージェントの中でも官公庁の求人に強いのはリクナビエージェント、マイナビエージェント、DODA、type、ハタラクティブなどがあります。早めに登録を済ませ、情報収集を図るのも一つの手段です。中には実際に官公庁で働いていたエージェントが存在するケースもありますので、仕事内容を詳しく聞く事も可能です。
 
 
官公庁で働く場合、いきなり思いつきで転職を図るのはやはり難しい部分があります。
「国家公務員として事務関連の仕事に携わっていた」、「行政機関で働いていた」、「国家公務員の職員としてデスクワークを行っていた」などの経歴が重要視されます。
ただ、他の民間企業でも長年の職務経歴があり、事務作業の能力に問題がないと判断されれば転職できる可能性も秘めています。年齢的にも20代でなければいけないという職種ではありませんので、エージェントに相談して転職を図ってみるのも良いでしょう。

関連記事