建築土木関連の転職を考えている方に必要な要素とは!

建築土木関連の仕事はどういった心構えで働く必要があるのか検証!

 
力仕事の代表的な仕事といえば、建築・土木関連の仕事があります。
建築で言えばビルやマンション、工場、商業施設の建設などが挙げられます。一方、土木関連の作業は道の舗装工事、外壁補修工事、コンクリート舗装、災害時の復旧作業などがあります。どちらも建物や施設を作ったり、補正する作業となります。
 
昔から、「きつい割りに低賃金・・・。」、「歳をとってから働ける仕事ではない」など、どちらかというとマイナスなイメージがあるかもしれませんね。
しかし、そういった建築土木業界においても働きやすい職場で、しかも収入もしっかりと確保されているという求人も増えてきているのが事実です。
 
ここでは、建築、土木業界に携わるなら、どういった知識や技術を習得し転職を図ればよいのかご紹介していきましょう。

 
 

建築・土木現場で働くには資格が必要?

 
「体力が要る仕事だし、体力自慢なら誰でも働けるんじゃないの?」と思っている方もいるかもしれません。
しかし、実際に働く場合は、資格を必要とするケースが多くなっています。現場で働くなら建築士、建築施工管理技士、建築設備士、土木施工管理技士などの資格があります。
 
全ての資格を働くときに持ち合わせている必要はありませんが、将来、現場監督の立場になったり、ディレクターの立場になる場合はそのような資格が必要となってきます。
もし今の段階でそういった資格をすでに所有していれば、大きなアドバンテージとなることは間違いありません。

 
 

建築・土木現場で働く時に必要な知識とは

 
実際に現場の作業に入る場合、もちろん企業にもよりますが、施工に関わる設計や企画、顧客の希望に合ったデザインの構築など、ありとあらゆる知識や技術を要するケースがあります。
建築士の場合は特に住宅やマンションを想定した設計になるケースが多くなっています。そういったときに耐震構造やバリアフリー機能、室内の構成や設計について理解しておく必要があります。
 
一方、土木現場で働く場合も同様に、建築物に関する知識を学んでおく必要があり、工事に伴い、土木作業の材料や作業スケジュールなども計画立てて行う必要が出てきます。

 
 

実際にどんな所で働くの?

 
建築関連の仕事をするとしたら、その企業にもよりますが大規模な工業施設、企業等に関わるケースが多くあります。高層マンションの設立、飛行機のターミナル工事、商業施設の設立、物流会社の倉庫設立など様々です。
土木作業の場合は公共交通機関となっている高速道路の舗装工事やトンネルの工事、電車の線路工事などがあります。
 
実際にどういった作業現場で働きたいかは、自分1人で判断せずに専門家と相談して自分に合った職場を見つけると良いでしょう。そのためには転職エージェントに相談してみるのも一つの手段です。
建築・土木業界にも精通した転職エージェントがありますので、どういった現場でどのような作業をするのか、そして実際にその仕事場で働くまでにどういった知識や技術を必要としているのかなど、事細かに仕事内容を聞くことができます。

 
 
ここまで建築・土木業界の仕事内容や仕事場所についてご紹介してきました。
こういった仕事は一つの作業場所にとどまらず、作業場所を転々として業務もこなすケースも多くなっています。
 
単純に自分の希望する作業というだけでなく、勤務地などもしっかりと検討してくれる仕事場を選択したいところですね。複数の案件を取り扱っている転職エージェントなら希望条件を事細かに伝えることで、スムーズに希望の案件を提示してくれます。
そこから自分にあった建築・土木業界の転職先を探してみるというのも、良いのではないでしょうか。

関連記事