金融業界に強い転職エージェントでキャリアアップを目指すには

金融業界に強い興味を持っている人がどのような転職活動すれば良いのかご紹介!

 
金融業界といえば、銀行を中心に保険会社、証券会社や損保会社なんかも該当すると言えるでしょう。
こういった企業は社会情勢や景気も影響している職種といえます。
キャリアアップに成功すれば、年収で数百万円アップすることも!
 
安定の就職先として、大手の銀行がランキングの上位を占めているということもよくあります。
就職するためには未経験からは非常に難しく、融資知識や資産運用、営業面では特に投資信託や年金保険などの知識を要する機会が多くなっています。
とりたてて何か技術的に要する仕事というよりも、経済や税制に詳しい知識を持った人が多く働いている職種といえます。

 
 

大手銀行に転職は難しい?

 
金融業界でも最も人気が高いのは、メガバンクと言える銀行への転職。
「安定した高収入」という印象が昔からあり、現在、経済が悪化したとはいえ、いまだに人気がある職種です。
銀行員として働く場合、30代でも年収が1000万円を超えることは珍しくありません。
 
当然のことながら、銀行のお金の流れについてしっかりと理解し、国と地方公共団体と企業がどのように資金を貸出し、公共活動が行われているのか理解しておくことも大切です。
ただ、銀行と一言で言っても、都市銀行や地方銀行、信託銀行など様々。
都市銀行では大手の企業と取引が行われていますが、地方銀行は中小企業との取引が中心です。経験が浅かったり、未経験の状態では都市銀行への転職活動も困難といえるでしょう。

 
 

金融業界で働くために内定をもらうには

 
金融業界で働く場合、単純に年収が高いからという欲求を満たすための転職活動は失敗します。
成長企業と融資する側の駆け足となるような役割を担い、全うすることが銀行員としての責務となります。
利便性や低金利での融資など、企業側にメリットとなる情報を伝える起業支援も重要な役割です。
 
また、企業だけでなく個人に対して、資産運用コンサルティングの業務を必要とするケースもあります。
金融の仕事に就く場合は、ファイナンシャルプランナーの資格を有するなど向上心とスキルを磨いているということをアピールする必要があるでしょう。

 
 

実際に金融業界に転職するには

 
金融業界に携わっている方が、現在の役割から違った仕事を望んでいる方も数多くいます。
例えば、M&Aアドバイザーとして証券会社で働いていたけど、将来的な子供の住まいや環境を考え、地方の支援ファンドに転職したいという考えている方、投資銀行に勤めていたけど、外資系の投資銀行に転職してみたいと考えている方など様々。
 
ここで重要となってくるのが、前職でどのような仕事を担当し、経験していたのかということ。
PE投資実務経験があるのか、投資後の経営支援の役割を担ったことあるのか、M&Aのフェーズにも関与したいのか、など希望によって職場環境も変わってくるでしょう。
 
そんな希望を叶えてくれるのは、リクルートエージェントやマイナビエージェントなど転職エージェント。
金融関連の求人が多く、しかも外資系に強い転職サイトとなっています。

 
 
金融関連の職種の場合、転職後にキャリアアップしているかどうか微妙な状態になってしまうことも、よくあることです。
それはリーマンショックの影響などで、経営がガタッと傾いて潰れてしまう可能性も秘めているからです。
慎重に転職先企業を選別するには、専門のコンサルタントがいるところが良いでしょう。
そういった意味では、上記でご紹介したようなリクナビエージェント、マイナビエージェントなどには金融業界に精通したコンサルタントも充実しています。
是非検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事