広告代理店の求人が多い転職エージェントとは?

広告代理店で働きたい人はここの転職エージェントは見逃せない!

 
 
広告代理店で働いているというだけでなんだか格好いい印象がありますね。
 
「大手の企業とつながりを持っている」
 
「マスコミ関係者や芸能事務所とつながりがある」
 
「芸能人の知り合いがいる」
 
このような印象を持ってる人も少なくありません。
確かに広告代理店の仕事は、広告費にお金をかけることができる大手の企業を相手にすることが多く、そういった企業と連携して商品をPRするというのが主な仕事なので、上記ご紹介したような業界や人材とコネクションがあるというのは事実でしょう。
 
しかし実際の業務内容はかなりタフです。
休日出勤や時間外残業は当たり前。想像以上に体力的にも精神的にもハードな仕事内容となっています。

 
 

広告代理店で働くのは大変?

 
広告代理店の良いイメージだけで転職を図るのは危険です。
コミュニケーション能力と体力を必要としてる仕事となるため、どちらも兼ね備えた能力があると自負している方が転職を目指すめきでしょう。
ただ激務とはいえ、華やかな仕事場でもあります。人とのコミュニケーションが好きで、華やかなマスコミ業界にも興味があるという方には向いている仕事といえそうです。
 
広告代理店の主な仕事はクライアントとの打ち合わせ。
クライアントがPRしたい商品やイベントを広告代理店がクライアントに変わって、世間にアピールするのが主な仕事です。
アピールの仕方はCMや、看板広告、冊子や雑誌などの出版広告、電車やバスの広告などを使い、世間に認知されるようにアピールするのが主な手法となっています。

 
 

時勢を理解することが大事!

 
この仕事は常日頃からアンテナを張り、どういったものが世の中で流行っているのか、単純に若い世代だけでなく中高年にもどのようなものが受けているのかという時勢を理解することが大切です。
商品によっては若い層に対してのアピールが必要なのか、あるいは中高年に向けてのものなのか、女性だけに向けているものなのか、育児をしている親子に向けているものなのかなと特性を理解してアピールしなければいけません。
 
そういった情報を常にリサーチしておいて、効果的な宣伝方法を探ります。
リサーチに失敗して費用対効果の悪い広告マネジメントになってしまうと、クライアントからの信頼も下がり、継続的な仕事を依頼されなくなってしまいます。
そういった意味では、常に緊張感が求められている現場といえるでしょう。

 
 

広告代理店で働きたい!

 
実際に広告代理店で働く場合、営業経験のある方が重宝されます。
また、新卒者よりも中途採用の傾向が多い職種でもあります。
やはり若い人材だと、どうしても相手方企業に対し、信頼感や重厚感といったところで見劣ってしまうというデメリットがあります。そういった意味では営業を経験し、実績のある人材の方が重宝される職業でもあります。
実際に大手広告代理店では、営業実績がある人材をヘッドハンティングするほど。
いわばサッカーで、すごい選手をビッグクラブがスカウトするようなものですね。
 
では実際に広告代理店で働くにはどうすればよいかというと、いきなり大手のメディアや制作会社は難しいでしょう。中小の広告代理店で経験を積んでから将来的な大手の広告代理店に転職するというのも一つの手段です。
中小企業の広告代理店の場合は、相手のクライアントも中小企業となるケースがほとんど。
莫大な広告費がかかるCMなどはほとんどありません。チラシや冊子、新聞広告などが中心です。そういったところで営業実績を積み、広告代理店としての仕事内容を把握することから初めてみてはいかがでしょうか。

 
 
経験がモノを言うのが広告代理店の仕事です。
なぜ新卒者よりも中途採用が良いかというと制作プロダクションなどのクライアントと、顔見知りになって知名度が上がるということも挙げられます。
面接時に、「どういったクライアントと面識があって提携していたか」などを話せば、面接時の印象もアップし、内定率が高まると言えるでしょう。

関連記事