私にもできる?小売業への転職は異業種からでも可能か?

他業種からの小売業への転職の可能性について探ります

 
転職を考えている方で、「小売業はどんな仕事をやっているのだろう?」と考えている方もいるでしょう。
小売り業は経済の中心ともいえる事業です。例えば身近なデパート、コンビニ、衣類を取り扱っている服飾店、食品を取り扱っているスーパーなど全てが小売業です。
 
世の中で必要とされている職種ということもあり、常時多数の求人募集がある仕事でもあります。
ただ一言で小売業といっても、販売だけを行う仕事なのか、企画や宣伝、調査なども行う仕事なのか、資材の管理や仕入れ、調達に関することも全て行っているのかは、各企業によって異なるでしょう。
ここでは自分に合った小売業の仕事について検証していきましょう。

 
 

小売業の仕事とは

 
小売業といって真っ先に思い浮かぶのが、スーパーやデパートですね。
店舗を構え、毎日商品を仕入れ、販売するスタイルをとっているスーパーはまさに小売業の代表的存在。
 
大体のスーパーでは仕入れや物流担当、販売担当、販売促進・企画担当、人事担当などに分かれいるケースが多くなっています。
もちろん、小さな店舗では全て店長が行い、部門や部署が分かれていないという小規模の小売業もあるでしょう。
 
これらの経験があれば、転職できる確率が高まると言えます。
例えば、「仕入れ先とのやりとりを担当していて、買い付けや新規ルート開拓の経験がある」、「販売を強化するためのイベントや企画を実践していた経験がある」という方は重宝されるはずです。
 
直接、小売業と関わりが無くても、「実際にチラシを作っていた」、「広告や運営業務に携わっていた」という経験があれば、良いアピールになるはずです。

 
 

他業種でもチャンスがある?

 
小売業への転職を考える際に、その経験がなければいけないというわけではありません。
例えば、営業職でも、「新たな企業とやり取りをして新規の取り引きをした実績がある」、「営業企画を担当していて、マーケティング戦略や商品が売れるための企画・運営・デザイン案を考えていた」ということも、小売業によってはプラスに働く可能性が大いにあります。
 
とても平たく言ってしまえば、小売業として利益を生み出すための知恵やアイディアを持った人材、優れた販促が行える考え方を持っている人であれば、小売業でも重宝されるでしょう。

 
 

物流、製造関係も転職可能!

 
物流や製造業務に携わっていた方も、小売り業で考え方や経験が生きる可能性が十分あります。商品を販売するための取引や商品の選定、仕入れのスケジューリングなどを行っていた可能性もあるでしょう。
 
その際、小売業の店長や運営管理者、マネージャーなどとやり取りをしたという方もいるかもしれません。
まったくもって畑違いというわけではないので、こういった職務経歴がある方は小売業への転職は比較的スムーズに行えるといえるでしょう。
 
そして、こういった職務経歴を第三者を通じて、相手先企業にしっかりと伝えてくれる方法があります。
それは転職エージェントを利用した転職方法です。
 
一般的な転職は応募者と企業のやり取りによって行われますが、1、2回の面接ではそこまで個々の魅力が伝わりにくいということが考えられます。
しかし、転職エージェントが間に入ってくれることで、どんな仕事を経験し、それを小売業の現場にどのように生かせるのかということを、しっかりとアピールしてくれるというメリットがあります。
 
もちろん応募者にとっても、転職エージェントを通じて企業情報を詳しく知ることができるので、双方にとってメリットがあるといえるでしょう。

 
 
小売業は非常にニーズが高く、働いている人の数も多い職種になっています。
不景気とはいえ、小売り業で働く人の数は約800万人以上。
どの企業も人材不足に陥り、人材確保に必死です。自分のアピールポイントをしっかりと伝えることができれば、他の業種に比べて転職はそこまで難しいというわけではないでしょう。

関連記事