教育現場に転職したい!そのために必要なこととは?

教育業界に興味があって、転職を考えている方のために必要な情報をご紹介!

 
教育現場に憧れがあって、いつか転職したいと考えている方もいるでしょう。
教育関連の職業として学校教論、幼稚園教論、保育士、児童指導員、塾の講師、家庭教師などがあります。
ほとんどが資格が必要なものばかりです。しかし塾講師や家庭教師については、教員資格を必要としておらず、教え方とコミニケーション能力さえ兼ね備えていれば、就業することができる職業も存在します。
ここでは、教育現場で働くために必要な情報を紹介していきます。

 
 

教育業界の転職事情について

 
教育現場で働いていながらも、転職を考えているという方も多いのが現状です。
例えば学校教員として働いていても自分には合わないと考え、民間企業へ転職する人もいれば、勉強を教えることに特化したいという理由で学校教員から塾講師へと転職を図る人も存在します。
 
ただ、民間企業や塾講師から学校教員へ転職というケースは少ないようです。
やはり学校教員の場合は、新卒でそのまま働くケースが多くなっています。
そして、幼稚園の先生や保育士の場合は保育士免許を所有しているケースが多いので、出産や子育てを経験し、いったん休職した後に再度現場復帰したり、パートやアルバイトとして再び働くケースが多くなっています。
 
全ての職場に共通するのは時代とともに教える内容が変わってきたり、子供の性格や家庭環境の変化などもあります。そういったことも熟知していないとギャップを生んで悩んでしまうという意見も聞かれます。
ブランクが長いとそれだけ違和感を覚えるケースも多いので、資格を所有していたとしても短いスパンでの転職を考えたいところです。

 
 

教員から塾講師への転職とは

 
教育業界で働いている場合、教育現場から異業種への転職よりも教育業界内での転職の方が多くなっています。その時に多いケースが教員から塾講師の転職。
教育現場に身を置くということには変わりありませんが、指導方法や仕事内容は当然のことながら変わってきます。
 
学校教員の場合は勉強をするということ以外にも、遠足があったり、運動会があったり、給食があったりなど社会での協調力を身につける人格形成を教育する場でもあります。
一方、塾の講師はそういった催し物は一切なく、学業の教育のみの指導となっています。そのため、その学業というところに時間を割いた仕事内容となっています。
 
例えば、講師として指導する以外に教材の作成や編集、テストの監修、試験問題の予想などがあります。より学業に特化した仕事場で働きたいという方は学校教員よりも、講師の方が向いているといえるでしょう。

 
 

転職する際に必要なこととは

 
教育現場で働く場合、教員免許の有無によって働ける環境に差異が出てきます。小中高では教員免許が必要ですが、塾講師や予備校の講師は教員免許は必要としていません。講師は教育免許は必要としていませんが、学歴が低いとその分信用度が落ちてしまい、働ける可能性も低くなってしまいます。高学歴が必要とされる仕事でもあります。
 
また、単純に学歴が良いというだけでなく指導力も必要とする職業です。
人間性やコミュニケーション能力がかけている人は、教育の現場で働くことは難しいでしょう。
まずは転職する際、エージェントに相談して自分に必要な知識や対応力をアドバイスしてもらうのが良いでしょう。そこで自分に必要なスキルを磨いてから転職を図るとスムーズにいきます。

 
 
教育現場で働くには、まずは年々改正されるカリキュラムをしっかりと理解しておくこと。自分が勉強していた時代とは違った内容となっていますので、時制を理解しておくことが大切です。
そして転職する際には、複数の転職エージェントと相談してからどの職場が良いか検討すると良いでしょう。

関連記事