スポーツ業界に転職したい方必見!

スポーツが大好き!その気持ちを持って働きたいなら転職業界への転職がおすすめです!

 

学生時代にスポーツをしていた方なら、検討したくなる仕事先がスポーツ業界での仕事。
スポーツ業界で働きたいと思った時、どのような資格や免許が必要なのでしょうか。
ここではスポーツ業界の転職に関する情報をご紹介していきましょう。

 
 

スポーツ業界はどんな仕事がある?

 
スポーツ業界と一言で言っても、沢山の仕事があります。
代表的なものは、やはりプロスポーツ選手です。プロ野球選手やプロサッカー選手、プロゴルファーなどが有名ですね。
しかしこれらの職業はなりたいと思ってなれるものではなく、ごく一部の人のみがなれる職業です。
 
そうなると、現実的に考えられるのはスポーツインストラクター、トレーナー、スポーツプロモーターなどが挙げられます。体を使った職業ということを重視するならスポーツインストラクターが最も需要がある職業といえるでしょう。
 
専門のスポーツに特化したインストラクターのみならず、リハビリ施設やスポーツジム、フィットネスクラブ、子供向けのスクールなど非常に幅が広いのが特徴です。
スポーツインストラクターの場合、男性のみならず女性も活躍している職場となりますので、男女共に転職のチャンスがある仕事といえるでしょう。

 
 

実際に働く人はどのような資格や免許が必要?

 
スポーツインストラクターとして働く場合、企業によっては専門の指導資格や免許を必要とするケースがありますが、例えば、一般的なスポーツジムやフィットネスクラブではとりたてて必要となる資格はありません。
ただし、スポーツに関する肩書きがあった方が優位に働くことは間違いないでしょう。
「学生時代にスポーツをしていて、キャプテンを務めていた。」、「全国大会の出場経験がある。」などの肩書きがあったほうが採用される確率が上がるといえます。
 
ただ、そういった経験がなくともスポーツインストラクターに必要とされることは、専門的な知識と正しいトレーニング方法です。
しっかりとした運動能力と身体づくりの知識を兼ね備えることで、スポーツインストラクターとして働くことが可能といえます。
ただ単純に運動能力が優れていたり、知識があるというだけでは難しいでしょう。コミュニケーション能力が必要でお客さんや生徒に信頼される人間形成も大切になってきます。

 
 

スポーツ業界で働くには

 
大学や専門学校などで体育系の専門コースを卒業している方が有利に働くケースがあります。しかし、そういった学歴よりも実際にスポーツトレーナーとして働いていた経験がある方が重宝されます。
またスポーツだけでなく整体師やマッサージ師として働いていた経験があれば、それも役立つはずです。
 
個別にスポーツクラブに問い合わせするよりも、まずは転職の手助けをしてくれる転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。
転職エージェントでは、スポーツ業界の求人を数多く抱えていて、色々な案件を紹介してくれます。スポーツトレーナーやインストラクターはもちろんのこと、スポーツプログラマーや健康運動指導士などと思いもよらぬ、自分に合った仕事が見つかる可能性もあります。

 
 
ここではスポーツ業界へ転職する方法やスポーツ業界の職種についてご紹介してきました。
スポーツインストラクターとして働く場合、いきなりお客さんや生徒の前に出て指導するというわけではありません。だいたいは1週間、又は1ヶ月程度の研修期間を経てから実際に指導するというケースが多くなっています。
しかもいきなり一人で教えるわけではなく、先輩のインストラクターの元、補佐的な指導から始めて徐々に独り立ちしていくというのが基本となっています。安心して働ける職場環境といえるでしょう。

関連記事