転職する前に行うこと「適職適正検査」

NKJ52_mezasuhananbar1500-thumb-786x500-2725
転職を考える理由は人それぞれ違いますが、転職先を決める際にやって欲しいことがあります。それが、転職支援サイトにある「適職適性検査」です。

 

転職支援サイトでは、いくつかの質問に答えると、適性が高い職業や適性が低い職業が簡単に分かります。本来はキャリアコンサルタントと面談しながら、自分の適性を考えていくのですが、キャリアコンサルタントと会う前に簡単に自分の適性をチェックできるので、実際にキャリアコンサルタントと面談したときに、より深く自分の適性について話せるメリットもあります。

 

もし今の仕事に適性が低いと判断された場合は、少しショックかもしれませんが、まずは素直に認めることが大事です。その上で「適性が低くても自分がその仕事が好きだから続けたい」か「この機会に向いていない仕事をやめて別の適性の高い仕事に転職しよう」か選択をすることになります。どちらが正解ということはありませんし、どちらを選んだほうが良いということもありませんが、この2つの選択で悩む人は多いと思います。

 

しかしこの悩みは、その道のプロといわれる職人やプロスポーツ選手であっても一生悩み続けている人もいますので、そう簡単には解決しないと思いますが、転職を考えたときには、一度自分の適性を把握するためにも「適職適性検査」を行うことをお勧めします。

関連記事