ブラック企業に就職しないために、ここをチェック!

MAX86_ugegege20150207110830500-thumb-1500x1000-12260

残念ながら、転職エージェントを利用すればブラック企業を避けられるというわけではありません。転職エージェントから紹介される求人のなかには、待遇が劣悪である、いわゆるブラック企業も存在します。以下のような企業が、ブラック企業と呼ばれています。

 

労働条件が劣悪で法律違反をしている企業である

・労働時間が連日10時間以上である
・時間外労働をしても、残業代が支払われない
・所定休日が、法定休日よりも少ない
・労働基準法で定められた最低基準の賃金を満たしていない

 

上記のような企業はブラック企業と言えます。ブラック企業は、IT業界の下請け企業や、外食業界、訪問販売業界に多いと言われています。また、大手企業でも上記の項目に当てはまるブラック企業が存在するので、注意が必要です。求人内容からブラック企業を見分けることも可能なので、しっかりと確認しておきましょう。

 

常に求人募集を出している

常に求人募集を出している要因として、離職率が高いことが挙げられます。待遇が良ければ、社員が定着しやすいので、求人募集を出す機会は少なくなります。事業拡大など急成長している企業や、設立したばかりの成長過程の企業が求人募集を出している場合もあるので、一概にブラック企業だとは限りません。けれども、そのような企業以外で常に求人募集を出している企業は、離職率の高いブラック企業である可能性があります。

 

社員数に対して求人数が多すぎる

離職率が高い企業の場合、社員が辞めることを想定して多めに求人募集を出す傾向があります。そのような企業を見つけた場合は、ブラック企業の可能性があるので注意が必要です。

 

会社に関して良くない噂がある

応募する前にブラック企業を見分ける方法として、「○○(企業名) ブラック」「○○(企業名) 評判」というキーワードで検索することが有効です。ブラック企業は中小企業にもありますが、大手企業により多く存在しています。有名企業でもブラック企業が存在するので、注意が必要です。

 

「誰でもできる」「報酬が高い」というアピール文が目立つ

求人募集のアピール文もしっかりと確認しておきましょう。「誰でもできる」「報酬が高い」というアピール文が強調されている場合は、注意が必要です。仕事内容が簡単で高い報酬が得られるといった上手い話は、通常はあり得ないです。

 

いかがでしたか?
ブラック企業に勤務するのを避けたい方は上記のポイントをよく念頭に置いておいて下さい。また、みんなのブラック企業体験談に目を通して実際にブラック企業に勤めたことのある方のリアルな声から現場の苦悩やブラック企業の避け方を予め考えておくとよいでしょう。

関連記事