ハローワークは転職エージェントとの役割はどのように違う?

GREEN_I20140125500-thumb-715x500-4114

ハローワークとエージェントの違いって何だろう?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。大きな違いは有料か無料かという違いがあります。ハローワークは求人掲載料金は無料で、エージェントは有料です。また、ハローワークでは労働基準法を満たしている企業かどうか審査がありますが、エージェントにはその審査が無いためどうしても従業員に対する考え方が違う企業も少なからずあります。

 

ですが、エージェントでは国が定めるルールの下、求職者を企業に紹介しています。もちろん採用に当たっては雇用条件について雇用契約を結びますから、定めた仕事以外の強要はありません。

 

その雇用条件については様々あり派遣社員や契約社員という働き方も存在します。雇用契約期間が終わるとその期間延長をしたり中には延長できずお仕事自体が終了してしまうというリスクも常にあります。しかし、努力の結果企業から信頼された社員の場合これまでの待遇よりもよい条件で正規雇用となることもありますので派遣社員が余りよくないということではありません。

 

中にはエージェントのコンサルタントしてくれる企業の中には正規雇用の条件をだしている企業もあるので派遣社員ばかりだけではありません。働きたい雇用条件もしっかりエージェントに伝える事が大事です。

 

ハローワークは国の機関として運営している職業を紹介する組織です。エージェントは民間で運営される有料の職業斡旋所で国から許可を得た企業になります。もちろんハローワークでは希望の職種の紹介や修行するための相談にものってくれますがその場限りの相談になることが多いようです。エージェントでは企業の紹介だけに留まらず求職者のキャリアアップのための相談ができたり希望企業への就職を叶えるために面接指導や履歴書の書き方などきめ細やかなケアを実施している事もあります。

さらに、エージェントの場合にはまだ公開していない求人情報を紹介していることもあるため、これから将来しっかり働ける就職先を見つけることができるかもしれません。

 

関連記事