転職エージェントの特徴を知って、エージェントを選ぶ

BON85_tebukurowonigiru20150207162632500-thumb-1366x1000-12111人材紹介や人材派遣という雇用形態は現代社会でも多く見られてきますが、就職活動や転職活動時に派遣という形態を選ぶ人もたくさんいます。転職エージェントという人材派遣会社は企業と求職者の間に入り、ミスマッチや情報の伝達の遅れがないように企業が求める人材を集め、その企業に派遣をするということを行っています。求職者は派遣会社に採用され、そこから指定企業に派遣されて仕事を行いに行くという雇用形態を取ります。

 

単純作業や業務を誰かに手伝ってもらいたいというときなどに派遣という形態は大変活用されます。派遣会社に給料が支払われ、そこからさらに労働者に給料が支払われるので、企業側が求める人材と就職・転職したい人材を橋渡しし、雇用のミスマッチが起こらないようにします。

 

求人を出す側は企業側の要望に合致した人材をとにかく多く集めなければなりませんから、人材育成のために研修を行ったりスキルアップのための勉強会を開催したりして派遣会社側が教育を行うケースもあります。求職者にとっても指定する時間帯で働きたいとか、残業はできない、自分がしたい仕事のみをしたいなど、自分の希望通りに仕事を探すことができ、雇用先・求職者ともにズレがないように調整する役割も担っています。

 

エージェントの質を見極める方法として、どのような企業へどれくらいの求職者を派遣しているのかを調べると、エージェントの質を確かめることが可能です。自分がしたい仕事がデスクワークやデータ入力系の仕事であれば、そこに強いエージェントへ登録することで仕事先を探したり、できるだけ大きい企業での勤務を希望するということであれば、大手企業にコネクションや強みを持っているエージェントを選ぶことでミスマッチを防ぐことができるようになります。

 

調査には各エージェントのホームページを見ることでわかります。どんな求人や企業に強いのかということをホームページに掲載しているエージェントも多いので、参考材料になりますし、派遣会社の面接時に色々な質問をしてみることで情報を集められます。

関連記事