転職にはいい面と悪い面がある

Green3_jisya20141123174652500-thumb-1275x800-5743

転職というとあまりイメージが良くないという人も多いかもしれません。日本では長く終身雇用の風土がありましたので、転職に対する考え方は悪いということもあるでしょう。しかし、最近になって転職すること自体は悪くないという考え方もあります。なぜ転職するのかという理由にもよるという考え方が主流になってきているといえるのです。転職したいと考える理由については、労働条件や人間関係、スキルアップなどさまざまなものがあるでしょう。

 

転職するときにはそのような理由を明確にしておくことが重要です。もし、その理由があいまいであれば、採用する側からすればなぜ辞めたのか分からない人を自社で雇うのはリスクがあります。つまり、せっかく雇ってもすぐに辞めてしまう可能性があると思われてしまう可能性があるのです。また、理由が明確であったとしても、職を変えることでは解消できない問題である可能性もあります。新しい職場でも同じような問題が発生する可能性があるのならば、やはり採用側には良い印象を与えないものとなってしまいます。

 

したがって、転職について考えているときには、一時の感情に流されないようにしっかりと考えることが大事なのです。もし、人間関係に悩んでいれば辛いことではありますが、今の職場で問題が解決できないかもう一度考えてみましょう。新しい職場で同じような問題が起きないかについても考える必要があるでしょう。せっかく転職してもまた同じ問題に悩まされるとますます辛くなってしまいます。

 

今の職場で解決できない問題も多いと思いますが、もしかすると、今の職場でも問題が解決できる可能性もあります。人間関係ならばちょっとした方法でうまくいくという場合もあります。したがって、いろいろ考えたり調べてみたり、ときには信頼できる人に相談してみるということも大事なことです。

 

自分だけで考えていると考えが偏りがちになりますし、マイナス思考に陥りやすくなります。自分の視点とは異なる視点でアドバイスをもらうことは有益ですし、話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になることもあります。転職というのは一概に悪いことではありませんが、重大な転機になりますので、慎重に考えて良い選択ができるようにしたいものです。

関連記事