現在の日本国内での転職事情の実態は

BL006-copykudoku20140810500-thumb-1155x800-5544

かつては一旦正社員で就職すれば終身雇用が約束されていたも同然の日本の雇用事情は、現代では大きく様変わりしてしまいました。パートタイムや派遣社員など非正規雇用といわれる労働者が増え、高校や大学を卒業した新卒者でも正社員ではなく、こうした雇用形態を選ぶ人が少なくありません。

 

その理由は様々で、会社組織に縛られずやりたいことをやる、という人も多く見受けられます。昔は一度就職したら職を変わるのは恥ずかしいことなので、我慢して働き続けるという考えが当たり前と思われていましたが、現在では幅広い知識や経験を積みたい、現在の会社では傷心が望めないなどの理由から転職を考える人が少なくありません。

 

特に景気が悪化すると、勤め先や業界の先行きに対する不安から転職を考える人が増える傾向にあります。企業側も景気悪化により昇進や昇給のスピードを遅らせたり、ボーナスの支給の見合わせや給料カットなどの対策を行うため、職場環境や労働条件が益々悪くなり転職を誘因する原因になります。

 

また、昔も今も変わらない転職の理由としてあるのが、職場の人間関係です。

 

これらの理由で転職をする事が当たり前になりつつある現代ですが、企業側の求める人材は年代によっても大きな差が生じているのが現実です。社会人としてのマナーが一通り備わっており、最初から教育をしなくても社会人として使える20代後半は、企業側も好んで採用する傾向にあります。20代なら未経験の仕事を挑戦する時間もあると考えられるのも一因です。

 

しかし、30代以降になるとある程度の経験を積んだ即戦力となるスキルを持つ、スペシャリストが求められます。何等かの技術を身に着けている場合は30代以降でも未経験職種での採用が可能な場合もありますが、しっかりした技術が身についていない場合は、年齢を重ねるごとに転職が難しくなっていくことは否めません。

 

若い時に可能性ややりたいことを求めて転職するのもいいですが、あまり頻繁に転職を繰り返していると、将来年齢を重ねた時に転職する可能性を狭くしてしまいますので、一度職に付いたらしっかりとした技術やスキルを身に着けてから将来を考えることが、転職の可能性を広げるために大切と言えます。

関連記事