転職エージェントを利用するときの注意点とは?

green_googlekasu20141024215319500-thumb-1164x800-5587

エージェントへの相談に時間がかかりがち

転職エージェントに登録すると、面談のために登録会社に行かなければなりません。そして複数のエージェントに登録している場合、各登録会社に行く必要があるので、その分手間がかかります。最近は、電話による面談やインターネットによる面談を行うエージェントもあるので、問い合わせてみると良いでしょう。

 

コンサルタントによってアドバイスされる内容が異なる

複数のエージェントに登録していると、各コンサルタントによってアドバイスされる内容が異なる場合があります。ときには、一方のコンサルタントと、もう一方のコンサルタントでアドバイスの内容が正反対で困惑することもあります。ご自身の意志が固まっていないと、コンサルタントのアドバイスに左右されやすくなります。そのため、キャリアに関してさらに迷ってしまうという事態になりかねません。

 

コンサルタントとのやり取りに手間がかかる

複数のエージェントに登録していると、担当するコンサルタントが多くなるので、その分、コンサルタントとのやり取りが増えます。やり取りが煩雑になると、コンサルタントとの面談日程が決められないなど、転職活動に支障をきたす場合があります。在職中で転職活動をしている場合、さらに厳格なスケジュール管理を行わなければならず、ストレスの要因になる場合があります。

 

転職活動が成功するかどうかはコンサルタント次第である

転職活動が成功するかどうかは、担当するコンサルタント次第であると言えます。担当するコンサルタントとの相性が良ければ、転職活動をより円滑に進めることができます。また、転職に関する知識や経験が豊富なコンサルタントであるかどうかも、考慮する必要があります。そのため、相性が良く、知識や経験豊富なコンサルタントに巡り会うことが、転職活動において重要であると言えます。

関連記事