転職の際には“資格持ち”が無条件に有利になる?

PPW_notenikakikomu500-thumb-750x500-749

転職を考えているときに気になるのは資格の有無です。やはり資格を持っていると印象が良いというイメージがあるでしょう。資格を取得するためには、しっかり勉強をする必要があります。特に難易度が高い資格の場合には、それだけ努力しなければならないため、そのような努力をすることできる人であるということが評価ポイントとなります。

 

しかしどのような資格でも良いわけではありません。少なくとも以下の2点を満たすような資格であるほうが良いでしょう。
 

・よく知られた資格である

・取得難易度が高い資格である

 

この2点は重要なポイントです。あまりよく知らない資格はどのような資格かわからないですし、誰でも簡単に取得できるような資格はあまり価値があるとはいえないでしょう。また、応募したい会社の事業に関係するような資格や必要とされる資格については非常に評価が高くなります。

 

このような資格は取得していることで知識や技術の裏付けになるものですので、書類選考などの場合には有利になりますが、その先の選考ではその資格を仕事に活かせるかどうかということも判断されます。

 

したがって、資格を持っているだけで仕事に関係がなければ、それ以上の評価は得られないと考えてよいでしょう。 逆に資格を取得して実績を上げた場合やどのように活かしたいかということがしっかりと主張できれば良い評価が得られるはずです。これから資格取得を考えているという場合には、どのような仕事を行うのか、なぜその仕事に資格が必要なのかといった点を整理して考えておくことから始めましょう。

 

ただただ転職活動で有利になるからという理由だけで資格取得をすると、目的が変わってしまうので、せっかく取得した資格が活かされないことになる可能性も高いです。自分が必要としている資格についてよく調べて考えることは重要なことなのです。

関連記事