転職をする時期やタイミングに注意した方がいい

n1305335710

転職というのはタイミングも大切です。いったいどの時期に転職をするのが一番なのでしょうか。

 

2月から4月ぐらいは新卒採用が活発な時期で、転職希望者にとってはあまり関係なさそうな時期に思えます。実際には企業としては、新卒採用者と同じ時期で採用した方がまとめて研修もできるため、けっして転職の時期としては悪くないようです。

 

年度末の変わり目は、異動が増えますので、求人も特に多くなります。多くの転職希望者がこの時期を狙っていて、ライバルが増えて大変なようにも思えますが、求人自体が多いので選択肢が多いというメリットがあります。

 

もちろんこれ以外の時期であっても、常に人材を必要としている企業は少なくありませんし、業績がよく事業を拡大している企業であれば、年中求人を出しているという場合も少なくありません。

 

転職活動をしている人は20代から30代の前半ぐらいまで多いようですが、企業としても20代後半の人材を特に求めているようです。30代以上でも転職は可能ですが、20代までとは違い、一般的な業務だけではなく専門的な知識や管理職としての能力求められますので、能力に自信がないと転職活動は難しいかもしれません。

 

ちなみに転職のために資格を取得しようと考えている人もいるでしょうが、会社を辞めてから勉強に集中するのではなく、可能であれば働きながら資格を取得できるようにしたほうがいいと思います。資格の勉強をしているとは言っても、その期間は空白期間になってしまいますので、どうしても転職活動でいいイメージを与えることができません。資格の取得に限らず、転職活動の期間がやたら長くなってしまうと、やはりイメージはよくないですし、完全に働いていない期間は2ヶ月程度に抑えるのが理想です。長くても半年ぐらいまでにしましょう。

 

転職が一般的になってきたとはいえ、あまりに頻繁に転職をしている人というのは、あまりイメージがよくありません。イメージが悪くなってしまいますと、採用してくれる会社も限られてきてしまいますので、転職をする場合には、よく調べて慎重に会社を選ぶようにした方がいいでしょう。

 

自分が本当は何をやりたいのか、どういった環境で働きたいのかをよく考えて、それに適した企業を探すようにしましょう。転職に適した時期というのは参考までにして、転職活動を長引かせずに行動するということも大切になってきます。

関連記事