転職活動を始める時期は在職中がベター

Green21_hyuhyu20141123121153500-thumb-1200x800-5722

転職活動において、職場を辞める時期も大きな悩みとなります。。働きながら転職活動するのは時間的制約を受けます。一般的に仕事のない朝と夜に転職先を探すことになるでしょう。特に面接は時間調整が難しいものです。面接は、応募先企業の都合に影響されるためです。企業の業務時間内に面接時間を設定されことになるため、在職中に転職活動の面接を受けるには、そのために休みを取る必要も出てきます。

 

応募先企業によっては夕方や夜間に面接時間を設定してくれるケースもあります。しかし、日中の仕事でスケジュールが狂ってしまうと、面接時間に遅刻するという事態になりかねません。

 

このように在職中の転職活動はスケジュール的に大変です。しかし、転職活動は、できるならば在職中に行ってしまう方がよいのも事実です。会社を辞めてからの転職活動は、時間を自由に使えるため、転職に集中できます。しかし、無職の状態となりますから、収入がなくなってしまいます。時間調整は容易になる反面、金銭的に不安を抱えることとなるのです。在職中の転職活動はこの点では不安がありません。

 

在職しながら転職活動を進めるか、辞めてから転職活動をするか。

 

どちらの道でも良い点と悪い点があるものです。最終的には自分にとってやりやすい方法を選択するのが一番です。転職活動をするときは、在職中に、1つか2つの企業を受けてみるとよいでしょう。一度試してみて、在職しながらの転職活動が難しい場合は、思い切って会社を辞めてから転職活動に入ることを考えるとよいかもしれません。

関連記事

【次のページへ】