在職中の転職活動の進め方

PAK85_yoteihyouwotukerubiz500-thumb-750x500-3267

現在働いている人が転職活動をする場合には、できるだけ周囲の人に気付かれないように注意しましょう。転職活動をしていることが知られてしまうと、引き留めにあうなどするので、うまく活動できなくなってしまう可能性があります。したがって、どれだけ仲が良い同僚であっても、内定をもらうというような区切りを迎えるまでは秘密に行動する方が良いです。

 

また、転職する際には業務の引き継ぎが必要となります。スムーズに引き継ぎをして新しい環境に移ることができるように、マニュアルの作成などを行っておきましょう。業務の効率化や見直しなどの理由であれば、それほどおかしな行動ではありませんので、空き時間などを利用して準備を進めておくことをオススメします。

 

■怪しまれても否定しよう

マニュアルの作成はおかしな行動ではありませんが、普段からそのような行動をしていなければ怪しまれることもあるでしょう。まだ転職先が決まっていない段階では、怪しまれても否定することが大事です。少しでも情報が漏れてしまうと引き留めされる可能性が高いです。

 

できるだけ否定しながら、日々の仕事はしっかりこなすことが大事です。転職するからと言って仕事を真面目にしていなければ、いざ退職する前に理不尽なことを突きつけられたり、トラブルになったりする可能性があります。スムーズに転職するためには、できるだけ円満に退職できるように注意しましょう。

 

とはいえ、仕事をしながら転職活動をするとなるとなかなか時間もとれず、うまく活動できないというケースもあります。したがって、スケジュールをしっかり立てて計画的に行動することが大事です。

 

情報収集や書類作成の準備、面接の想定練習など準備することは案外多いものです。良い求人に出会ったときにベストの行動がとれるようにしっかり準備しておきましょう。

 

計画的に行動していれば、転職活動もスムーズに進みやすいので、最初のスケジュール作成は重要な位置付けとなるでしょう。

関連記事