上司・同僚に転職を告げる時期

Green19_taisyoku20141123133801500-thumb-1192x800-5724

転職するときは、前の職場を「どのような形で辞めるか」も悩みどころです。転職するからどんな形でもいいだろう、と思うかもしれません。しかし、辞める時の対応を失敗すると、次の職場によくない影響が出ることもあります。

 

まず、転職するときは、上司に最初に伝えましょう。

 

仲の良い同僚に告げたいかもしれませんが、最初は直属の上司に伝えなければいけません。これは社会人としての基本マナーです。また、退職するときは理由をきかれることとなります。このとき、たとえ職場に不満があるとしても、職場の批判はしないように気を付けましょう。個人の都合で辞めるという意味の「一身上の都合」を理由とすることが、無難な辞め方です。

 
さらに、転職活動中は、転職活動をしていることをできるだけ周囲に話さないようにしておきましょう。転職先の見通しがはっきり立ってくるまでは、職場に転職活動中であることを漏らさない方が無難です。「仕事を辞めるつもりでいる人」に対して、会社の対応・待遇はあまりよくないものとなる可能性があります。これは自分も職場も同僚も良い気持ちがしない状態ですので、陥らないように注意しましょう。

 

これらのことを守れば、波風をよけいに立てずに退職することは可能でしょう。仕事を辞めるときは、気持ちよく辞めることが大切です。立つ鳥跡を濁さず、という昔ながらの言葉のとおり、すっきりと遺恨を残さない辞め方を考えましょう。

 

職場を辞める時の対応は、転職サービスを利用しているならば、そちらに相談してみるのもよいでしょう。不安の解消につながります。

関連記事