転職エージェントであなたの転職を徹底サポート してもらおう!

転職活動を行うということは、就職活動と同じく、暗闇の中を手探りで進んでいるようなものです。最終的に頼るのは自分しかいないので、不安になります。結局活動は単独で行うので、一人きりで面接に行き、そこで落ちてしまうようなことがあればさらに落ち込んでやる気を削いでしまうでしょう。

そんなとき、自分の転職活動に対するモチベーション維持・上昇対策も考えてぜひ当サイトを活用してください。当サイトは転職活動上、有利な交渉を行ってくれたり、一般の求人情報にはない求人情報を得ることができたりもします。より精度の高い情報がたくさんあるので、自分に合った転職先をきっと見つけられるでしょうし、活動を楽しくさせてくれると思います。転職活動を将来的な魅力あるものにするためには、転職エージェントを選ぶということです。

最近のクチコミ一覧

ハタラクティブの評判
登録しただけ無駄だった 【20代 一般事務職】 クチコミを読む
パソナキャリアの評判
非常に質の悪いエージェント 【20代後半、営業事務】 クチコミを読む
とらばーゆの評判
女性としては助かる転職サイトでした。 【20代、会社員】 クチコミを読む
レバテックキャリアの評判
経験も積んだし条件の良い会社で働きたいと思い 【30代 SE】 クチコミを読む
リクルートエージェントの評判
求人件数は非常に多い。しかし・・・ 【35歳 メーカー営業】 クチコミを読む

■転職活動の開始時期とエージェントについて
転職を考えるとき、いつも仕事人が頭を悩ます事柄があります。それは現在の仕事をしながら活動をするか、辞めてから活動をするかということです。仕事中は時間もないので、それなら辞めてから活動するかと思いがちですが、人事の目から見ると、会社を辞めてから転職活動をするというのはかえって評価がマイナスになるのです。

次の仕事が決まっていない状態で前の会社を辞めたということは、計画性がない人というレッテルを貼られます。正当性のある理由なら何も問題はありませんが、単純に「仕事をしながら転職活動をすることは難しいので、辞めてから活動を始めました」という理由は好ましくありません。この人にはスケジュール管理能力や計画性がない人なのではないかと疑われてしまいます。

新しい職場に行ってもスケジュール管理や管理能力といったものは絶対に必要な条件なので、活動に不利なことはするべきではありません。仕事をしながら転職活動というのは難しいでしょうが、新たな職場でも良い印象を与えたいならば、仕事をしながら転職活動をしたほうが絶対に良いのです。

■転職先の情報を多く知るには
社会的に向上心が豊富な人は、現在の職場よりも良い環境に移って働くことがプラスになる人もいますが、転職イコール良い結果とは必ずしもならないのが転職でもありますので、現在以上の職場で働くために転職を希望する人も多いのです。転職活動の方法はたくさんありますが、転職エージェントの利用は最も良い方法だと思われます。転職エージェントとは、転職希望者と会社のミスマッチを防ぐために活動する機関を指します。

転職エージェントの利用が好ましいのは、その会社が採りたいと思わせる履歴書や職務経歴書の書き方を指導してもらえるということです。その他多数の会社に向けて履歴書などを書くよりは、その会社に特化した内容を書いたほうが通りやすくなるからです。また、転職エージェントが紹介する会社というのは優良企業が多いので、現在よりも良い環境で働くことができる可能性が高いです。